メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

ようやく分かった「俺、大した事ねえわ」。

 

あなたが今、何才かは分からない。

…が、学生時代にできなかった事は、おそらく「これからも出来ない」ぞ。

 

◾︎学生時代の特殊性

あんなに「同世代で競わされる事はない」。

逆に言うと「そこに特色が出る」。

 

⚫︎だいたい結果が出る

学生時代に「勉強ができる」「運動ができる」「クラスで人気」「女にモテる」などなど。

それは「非常に正しい」。

千人単位の「同世代」の中で、分かりやすく秀でてるモノ。

もしくは「努力できる証明」。

誰かより秀でるほど努力できるから、そこに辿り着く。

 

⚫︎可能性という名の「夢」

頑張ればできる!

努力すればできる!

…夢喰って生きてんだわ。大半の人は。

あれだけ競争に晒されて「さしたる結果が残せなかった」なら、「それが現実」。

頑張れないのも自分だし、難しいことが理解できないのも自分。

特定分野なら努力できるっていうけど、「それは間違い」なんだ。

お前という「性格の選択の結果」が、学生時代に出る。

 

◾︎基本的に「性格は変わらない」

筆者は何やっても「人並みの結果で止まる」。

これはしかも「全力で取り組んだ時」だ。

人生で上位10%に入ったことがない。

今もブログとか、モテどうこうとかやってるけど、ちゃんと取り組んで「ようやく人並み」。

やる気がないモノは下位10%のまま。

学生時代に告られたことがあるけど、割と本気で「嬉しくなかった」。

今も似た傾向があって、女から好きと言われてもあまり嬉しくない。

こういうのが「いっぱいある」。

突然、人が変わったように取り組んだり、結果を出し始める事は「ない」。

「ないんだ」。

それがあるなら「もうお前は結果を出してる」。

「この現実を受け入れた上で」行動するしかない。

これが「自分に合った人生を歩む」ということ。

俺はもう背伸びするのは終わりにする。

自分の身の丈が分かったし、夢を追う力もない。

それはそれとして、生きていく必要がある。

自分で居られる場所を見つけよう。

 

◾︎まとめ

夢は夢だ。

学生時代から特色あるやつが「夢を叶えた」とすれば、そこに才能があり努力したという事。

それができるならやってみたらいい。

出来ないなら「それを受け入れて生きていく」。

夢は「見る資格がいる」。

自分の身の丈を受け入れて生きていこう。