メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

人を舐めてるかどうかが「下ネタ」に出る。

 

人に対する「基本姿勢」が出る。

 

◾︎どんな「文脈の上に乗ってるのか?」

女側が受けてくれたから成立してる「わけじゃない」。

下ネタが通るやつは「誰にでも通る」し、通らないやつは「全てキモがられる」。

「ネタの文脈」が成立してる。

一歩通行じゃないんだわ。

「コミュニケーションとしての」下ネタだから、相手も受けてくれる。

という事で「注意点をば」。

 

◾︎その下ネタは「ガチじゃない」

例えば、本当にやりたい女に「いつもやってるの〜?」って聞くのは「キモい」。

これは「やましい感情が入ってるから」。

別の表現で、「まあお前は男に困らないもんな〜」って言えば「ネタで通る」。

これは「お前は男に困らないくらい可愛い」「魅力的である」って感情の上に、「ネタとして落としてる」って冗談の要素が入ってるから通る。

実際にどうなのか?ってのは一切気にしてないし、そういう事を聞いてるわけでも、答えを求めてるわけでもない。

要は「いい気分にさせたい」という要素が少しでも入っている。

んで、女側の返しで…

1、ノリがいいやつ

「まあいつもやりまくりですから♪」って、ジョークで乗っかってくる。

2、普通の人

ちょい照れで「そんな事ないです!」。

3、ノリが悪いやつ

「そういうの聞かないでもらえます?」。

3、面倒くさいやつ

「そんな事ないですよぉ〜」って、「嘘をつく」。

芸能界や友人連中で「下ネタが通る」とされる人は「ノリがいい人」。

これは「文脈を理解する力がある」人。

 

◾︎相手を見て振る

下ネタが通る人は、相手を女以前に「人間として見てる」。

女も誰かとやる事もあれば、やりたい気持ちもあるし、同じような感覚があるという前提がある。

例えば、下ネタが通る人は、相手の返答でもう一回下ネタを振るかを決める。

上記で言えば「3か4の返答が返ってきたら言わない」。

3は嫌がってる、4はつまらないから振らない。

2は情状酌量状態で、もう一回だけ振ってみる。

口ごもったり、嫌がるそぶりがあるなら「もう言わない」。

本当に振るのは「1のやつだけ」。

芸能人で言えば、野呂佳代とか大島麻衣とかに無茶振りするのは「1だから」。

「ネタとして処理してくれる」。

しかも「面白く」。

本人達も、そこに強みがあると「自覚がある」。

故に「ネタが成立する」。

 

◾︎対人で求められる事は大体同じ

不躾な下ネタを振るって事は「相手を舐めてる」って事。

自分を舐めてるやつに、まともな対応をする事はない。

子供でも女でも後輩でも同じ。

「あ〜コイツ俺の事舐めてんな」って感じるやつに心を開こうとは思わない。

男同士であれば「すり潰そうとする」だろうし、対女性であれば「社会的信頼を損なう」し、対子供であれば「軽んじられる」。

リアクションが違うだけで「全部同じ」。

人間を軽んじてるやつは「軽んじられる」。

それが言葉や態度に出てるだけ。

結局は「大したことない人」ということになる。

 

◾︎まとめ

なんか軽んじられる人は「根っこが同じ」。

人のことを「同じ人」だと思ってない。

実は慎重すぎる人も同じ。

慎重すぎる人は「伝わらない」と思ってる。

これも「相手のことを舐めてる」。

結果的に「コイツには言っても分かんないだろう」と判断してることになるから。

 

ま、色々判断していきましょう。

完璧にできる人はいないし、100%ハマる人もいない。

同じノリの人(下ネタやジョークが嫌いな人)同士で集まれば、ノリが良かろうが悪かろうが関係ない。

俺は「舐められるのが嫌い」だから、相手を舐めることは極力しない。

 

その辺も含めて「自分の好み」だ。

俺の判断基準では「こう」という事であり、この記事になりました。

 

あなたの気持ちいい基準を明確にし、そちらに従ってくださいませ♪