メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

コミュニケーションの「文脈」。

 

それなりのパターンがある。

考えてたらちょっと面白いのでまとめる。

 

◾︎コミュニケーションの表裏含む

1、男×男の「表」

社会的文脈上の絡み。

仕事上の付き合いとか、ネット上で表に出す人格。

ここを上手く作れると、立ち回りが上手い人になれる。

 

2、男×男の「裏」

趣味が合うやつとか、頻繁に飲みに行くやつ。

自分の好き嫌いを共有し、仲良くなる段階。

一般的に「不適合」とされることでも、共有できる仲間内では面白いとされる。

ノリが悪いやつとか、クソ真面目なやつが弾かれるのがここ。

っつっても、道徳的に飲み込めるモノは各々で違うし、自分が快適に感じるレベルの人と絡む。

 

3、男×女の「表」

社会上での絡み。

セク、パワやらの「ハラスメント系」にかかるのがここ。

余計な事は一切言わず、人として相手を尊重し接する。

男×男の関係と同じで「踏み込みすぎず」「適切な距離で接する」。

 

 

 

4、男×女の「裏」

「性的な交渉する可能性がある」ところまで視野に入った状態。

好き嫌いを共有し、あんまり表に出すと良くない事も言い合えるようになった状態。

ポイントは「2人だけで会う」ないし、「それを共有できる仲間と会う」事。

社会上の文脈と切り離す。

男×男の「裏」と似た感覚。

「一般的にはダメとされてる事だけど、そいつとの間では楽しいことの共有」をする。

それが男女の場合は…分かるな?

当然ながら、性的な事は「表に出せない」。

公にすると不利益を被ることが多い。

得する事は…自尊心を満たせるくらい。

それ以上に相手に迷惑がかかる。

故に「真相は外に出さない」。

*表立って付き合ってるなら良いが、それ以外の場合は「お互いの秘密」になる。

通常、性的な話をする時は「外向けの話」になる。

深い仲でもないのに自慢してるような、表向き豪遊を謳う人は実際には大した事なかったり(特定の女を作れない)する。

 

◾︎コミュ力が高い人は「文脈」を解す力が高い

俺が見てきた「モテる男女」は、基本的に「義理堅く」「口が堅い」。

凄く他人にオープンな割に、核心に触れるような事は簡単に他人にゲロったりしない。

かなり話した後で「お互いの信用が確立してから」語り出す場合が多い。

それまでは「外用の語り」で、誰が聞いても一応問題ない程度に仕上げてある。

「それ以上を共有できた時に」絆が生まれる。

例外として、その辺は「ダメンズが素晴らしく上手い」。

自分がダメな自覚があるだけに、相手を受け入れる力が非常に高い。

要は、最初っから裏の文脈で会話できる。

コイツは簡単にゲロっちゃうし頼りがいはないけど、満足感はめちゃくちゃある。

それも含めて「コミュ力」。

人間は一面的で真面目な部分ばっかじゃねえってのを理解すると「文脈が見える」。

*簡単にゲロっちゃうやつに話しちゃって広まった場合は自業自得。

見えなくても活用できる人もいれば、完全に見えなくて活用できない人もいるし、見えてるけど活用できない人もいるし、自由自在に出入りする人もいる。

一番好きな文脈を活用して欲しい。

 

 

興味ある人は「表裏」を意識してみて下さいませ。