メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

言葉にまとまらないのが「正しい」。

 

ハッキリ言えないけど「あいつ気持ち悪い」とか「この場所嫌い」とか、逆に「何となく好き」「何となく気持ちいい」って感覚は大事。

 

ヤフコメの「異常な感じ」とか、はてなランキングに漂う「気持ち悪さ」ってのがある。

この辺は感覚でしかないんだが、なんか「絡みたくない」っていう気持ち悪さ。

俺の感情を出したら否定されそうな気持ち悪さっつか。

「これ楽しいよね!」「うん!めっちゃ楽しい!」って会話がしたいのに、「これは〇〇が良くないよね」とか「こっちのが合理的だね」って言われそうな感じ。

んな事は分かってんだよ。

その上で「非合理なこれ最高♪」って会話がしたいんだわ。

 

そんなこんなで、人と多く話した後は「文章がまとまらない傾向にある」と最近気付いた。

他人と話すときも「感情が全然見えないやつ」よりも、子供みたいに「感情爆発なやつ」のが楽しいんだわ。

100%それを楽しそうにやってるやつを見るのが楽しいし、一緒にいるのも楽しい。

それを見てバカみたいとは「思わない」。

俺は苦手だけど、楽しそうにしてるお前を見てるのは楽しい。

 

ネットで「これ最高♪」っつっても、誰も共感してくれねえの。

リアルで「これ面白えんだよ」って言えば、ノリが悪いやつは弾いて、ノリがいいやつと一緒に遊ぶことができる。

こっちのが全然楽しいっていう。

 

俺が求めてる「楽しさ」ってのは、ネットにはない。

画面からじゃ楽しさが伝わらないし、お前がどんな顔や態度で見て聞いてるのか全然分からん。

まあ「こんなもん」なんだな、と。

 

言葉で伝えられるのは「有益性」だけで、俺が最も楽しみたい「感情のやりとり」はできん。

言葉の裏に「膨大な情報量」があって、それはリアルでしか伝わらない。

…いや、教科書みたいに「読んですぐ分かる大事な情報を伝える」なら良いんだけどね。

それ「俺が一番嫌いなやつ」なんだわ。

 

俺は「リアルの方が楽しい」のかもしれない。

自分に合った事をしましょう♪