メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

パニック症状再発。苦手な事は「逃げよう」。

 

結局「発症前と同じだった」。

「どうやって逃げるか?」

これに全力を注ぐ。

 

◾︎嫌なことは嫌

筆者はパニック障害を克服した。

もう通常の日常生活で症状が出ることはないし、運動も遊びも特に問題はない。

…が、しかし。

パニック障害は「何度でも起きる」。

最近確信したのは「電車」。

理性では問題ないんだが、本能が嫌がる。

あんな密閉空間にすし詰めにされる事に人間は慣れてない。

というより、俺の場合「コントロールできないモノが嫌」らしい。

ジェットコースターとか、エレベーターとかもダメ。

飛行機なんざもってのほか。

「ごく短時間であれば問題ない」。

一回5分以内くらい。

ただ、それ以上身を任せないといけないものは無理。

これを「克服しよう」というよりも、「無理だからどうにかして回避しよう」のが建設的になる。

 

◾︎辛いものは辛い

ストレスはストレスなんだ。

筆者は「パニック障害を気にしていない」。

電車で症状が出た時も取り乱したりもしなかったし、自分の感情を受け入れられた。

その上で「やはり不快だった」。

満員電車が。

ただ「不快と認識してなかっただけ」だった。

 

⚫︎辛いのを「誤魔化してないか?」

通常、1時間も通勤時間を使うのは「ストレスになる」。

同じように、クソみたいにプレッシャーかけてくる会社にいたり、クソみたいな上司の下で働いてるとか、クソみたいな同僚と一緒にいるとかすると「破裂する」。

それはただ「破裂しただけ」。

ストレスは「ずっとそこにあった」。

だから「復帰しても一緒」。

 

◾︎パニック障害克服には、あれが「ストレスなんだ」と認識する事

身体反応が如実に物語る。

怖い、不安、行きたくない、やりたくない。

これらは「理由があってなってるもの」。

なんもなきゃそんなストレスは受けない。

なんでそうまでして「やらなければならないのか?」。

なぜ?

なんのために?

それほど金が欲しいのか?

期待してくれる同僚がいるからなのか?

「自分が楽しいからなのか?」。

楽しいならストレスにも耐えられるだろう。

自分が「何のために頑張るのか?」。

 

それはそれとして「ストレスを認識する事」。

「嫌だけど頑張ってる」なら構わない。

認識してるんだから回避もできるだろう。

「しなければならない」なら一考の価値あり。

お前、そのまま行くと「死ぬぞ?」。

それは「余裕で回避できる事」なんだ。

「ストレスと認識さえすれば」ね。

 

◾︎冒頭に戻る

やりたくないことは「しない」。

無理なもんは無理。

俺は「無理だった」。

どうにかして満員電車に乗るよりも、近くに家を借りるか、実家から数駅の場所に勤務するか、自宅で仕事ができる職種に行く。

ストレスは「極力回避する」。

そのために仕事を選ぶ。

仕事のために自分を切り売りするのはもう終わり。

自分のために仕事を選ぶ。

何事かを成すよりも、毎日を快適に過ごせる方が重要度が高い。

パニック障害は「この辺りを気付かせてくれる」。

自分の限界を知り、何を優先させるか決めよう。

俺は俺を快適にするべく動く。

あなたはあなたが優先する価値に従って生きて欲しい。

 

もし今だに「パニック症状が出る」なら、それを改めろという事。

それは「ストレス」なんだ。

もう「楽に生きよう」ぜ。

ちゃんと見直してみてくれ。