メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

モテなくてもいんじゃね?

 

モテ論の「結論」!

モテない事を受け入れよう。

 

◾︎自分なんて「そんなもん」

特に「俺」は。

以下のような特性を持つ人を、無意識のうちに「バカにしてた」。

1、モテなそうなやつ

2、弱そうなやつ

3、1人の女と上手くいかないやつ

4、ナンパ師

5、ホスト

6、ルーティーン使ってるやつ

7、女に足蹴にされるやつ

8、モテるために凄え努力してるやつ

9、モテ論振りかざしてるやつ

10、女にシカトされるやつ

11、ネットなんかにハマるやつ

12、EDになったやつ

13、草食系なやつ

14、やった事ないやつ

15、まじめで女に手を出せないやつ

分かるかな?

これ、ほぼ全部「俺」なの。

 

◾︎モテ活終了のお知らせ

自分を変えるべく色々やったけど「無理でした」。

できるなら「若い頃にもうやってるわ」って話で。

草食で全然手を出せなくて、キレた女に足蹴にされて、かと言ってナンパ師やホストほど割り切った事も出来ず、ズルズルと歳だけくってった。

EDかどうかは分からんが、本当に可愛い子相手だと萎縮して無理だわ。

まあ「俺なんてこんなもんなんだった」。

自分に「ないもの」を求めてきた結果、「本当にそれはなかった」。

 

◾︎モテるのを諦めた

無理無理あんなの。

モテ男の振る舞いなんて無理だし、女を誘い切るのも無理だわ。

ほぼほぼ「全て無理」。

恋愛トークも無理だし、いきなりボディタッチしたりキスしたりも無理。

襲っちゃうのも無理。

それが「無理だと分かった」。

それが学びになった。

 

◾︎まとめ

自分が無意識にバカにしてるモノってのは、「自分なのかもしれない」。

俺は俺がめちゃくちゃ嫌いだった。

あれもできないし、これも出来ない。

憧れるモノは、常に「自分にないもの」だった。

んで、自分にあるものは「バカにしてきた」。

そのバカにしてきたものこそが「俺」。

もし同じような人がいたら、「自分が無意識に見下してるもの」を再確認して欲しい。

それは「自分かもしれない」。

 

俺は「バカな俺と一緒に生きていくことを決めた」。

なもんで、もう「モテるのは諦める」わ。

 

ちゃんと自分に合った事をしましょう♪