メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

筋トレ顔変わる説はガチっぽい。

 

「明確に変わったもの」を書く。

自信がつくとか、小顔になるとか、テストステロンが上がるとか「精神論じゃないやつ」。

これをお届けする。

 

◾︎顔のたるみ解消

頰が垂れたり、アゴが弛んだり、ほうれい線が目立ったりってやつ。

これ全部「筋力のせい」。

なんせ「3年前よりもほうれい線が少ない」からね。

歳食ってるのに逆行してる。

 

⚫︎顔のたるみの原因は「表情筋を使わないこと」と言われる説

「嘘」

だって俺は「生活は変わってない」からね。

コミュニケーションが増えたわけでもないし、マッサージをしたわけでも無い。

ただ「筋トレと運動をしただけ」。

んで、筋肉が増えたら「元に戻った」。

年齢相応の見た目で「若返ったわけじゃない」。

しかしながら、年齢相応の渋さっつーか「格好良さ」になった。

ジャニーズじゃなくて、俳優みたいなイメージ。

歳相応の格好良さになる。

 

◾︎姿勢改善

これは「顔じゃない」が、全体の見た目に関わるんで言及する。

姿勢が良くなる。

まあ凄く簡単に言うわ。

高校3年〜大学生くらいのやつを見て欲しい。

*特に運動部っぽいやつ

こいつらは「真っ直ぐシャキシャキ歩いてる」。

しかも「凄く軽そうに」。

軽そうに歩くのって「バランス」と「筋力がいる」。

体幹が死に始めると「真っ直ぐ歩けない」し、筋力が足りないと「ヨレる」。

必然的に「姿勢も悪い」。

「ただ真っ直ぐに姿勢良く軽そうに歩く」ってのは、実の所「物凄く難しい」。

 

顔が変わるレベルまで来ると、ここも一緒に改善する。

さっくりと軽く歩けるようになる。

なもんで「歩く」ってのは、結構簡単に「年齢が分かる」。

 

◾︎ちなみに

筆者は「ガチで大したことないレベル」。

部活系ガチスポーツをやってる訳でもないし、週2〜3回運動と筋トレをやってる(趣味で)程度。

真面目なやつが3か月もやれば「余裕で追いつける」。

「それでも」顔が変わる。

 

なんか「老けたな」と思ったら、運動と筋トレはオススメ。

 

◾︎まとめ

顔のたるみ改善。

そして姿勢も良くなる。

結果「見た目が整う」。

なもんで、筋力は「超重要」。

年齢より老けてるなら、ほぼ確実に「筋力不足」。

筋力不足になる生活をしてるなら、運動はオススメ。

ストレス解消になるし。

 

という「顔が変わる」お話しでした。