精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

就活も婚活も「キツくて当たり前」だった。

 

断られるのが非常にキツい。

社会から「お前は必要ない」と言われてるみたいだから。

じゃあどうするか?ってんで、「現実と擦り合わせる」。

 

◾︎プライドを落としていく作業が必要

現状で「何かが足りないから望む結果が得られない」。

それを叩きつけられる。

これが非常に辛い。

この「埋め合わせ」こそが、本当に重要なモノだったりする。

それは「自分も」「相手に対しても」。

 

◾︎就活の場合

⚫︎自分視点

大体の場合「知ってる企業」から受けていく。

俺の場合だと「ダンヒル」とか「エストネーション(有名セレクトショップ)」とかだった。

当然の「門前払い」。

年齢も学校も経験も「全て足りない」。

んで、改めて思い立った。

「俺、そんな上の企業に行きたいと思った事あったっけ?」と。

「ない」。

別に上の学校に行きたいと思って努力する事も無かったし、っていうか「下の学校が居心地が良かった」。

勉強以外の価値観が重要だった。

その「裏の基準」とでもいうべき「楽しさ」があった。

*裏の基準=面白い、お洒落、強い、趣味を色々知ってる、遊びを色々知ってる、など。

バイトにしても「とりあえず入れるとこ」で良くて、そこもすげー楽しかったし、努力して勝ち取った事ってないんだよね。

だから「上の企業なんざ目指さなくていいんじゃないか?」っていう。

 

⚫︎相手視点

自分が良くても「相手が気に入らなきゃダメ」。

という事で「相手はどんな人が欲しいのか?」と。

上の方の企業であれば、経験の有無、今までの実績、特別な経験が問われる。

経験は「インターンシップ」「バイト経験」「専門卒」など。

実績は「〇〇大学卒」「全国大会優勝」「売り上げ〇〇万円達成」みたいなやつ。

特別な経験は「起業経験」「海外ボランティア経験」「バイクで日本一周」みたいなやつ。

その上で「なんで入りたいのか?」「何がしたいのか?」「何をする事に自信があるのか?」を綺麗に詰めなきゃならない。

…うん「めんどくさい」。

俺は「やりながら覚える派」なんだわ。

なんでまだ「やった事もねえ仕事のために」こんなに準備せにゃならんのだ?

いや「全国制覇目指すのが楽しかった」とかなら良いのよ。

上に挙げた中に「俺がやりたい事が1つも入ってない」。

という事で「現実との擦り合わせが終わった」。

 

◾︎婚活編

⚫︎自分視点

こっちも同じ。

「異常に高望みしていないか?」。

凄えコミュ力あって、男女誰からも好かれるような「中心人物」とか。

もしくは、天然で異性ウケが良くて、いっつも引く手数多になってる「一見緩そうな異性」とか。

後は「努力で成り上がってきた遊び人」とか。

いずれも「目に付く」のがポイント。

自分から探さなくても「目に飛び込んでくる」。

そりゃモテるやつにアタックしてりゃ玉砕率は跳ね上がると同時に「虫ケラ扱いされる」。

だってそいつはもうモテていて、同レベル以上のやつしか欲してないから。

要は「自分に合ってない」という事。

 

⚫︎相手視点

カッコいい(可愛い)&優しい&男(女)らしいの3軸。

カッコいい&可愛いは分かりやすい。

ノーメイクでデブな女がモテないのは明らかなように、ファッションに気を使わないデブな男もモテない。

優しいは「気持ちを読めるかどうか?」。

この辺は人によって差がある。

年齢や経験で上がっていく。

男らしい&女らしいも「資質」がある。

テストステロン濃いめのやつは「決断力がある」「無鉄砲」みたいな特性がある。

女らしいやつも同じ。

なんか「決断力不足」だったり「神経質」だったりする。

これらは「補完関係になる」。

だから「相性」と言われる。

 

ここで「現実との擦り合わせを行う」。

大体は勉強や就活と同じで「他人のためにどれだけ努力できるか?」になる。

どんだけカッコつけるために努力できて、相手の事を思って行動できて、資質がどれだけあるか?

俺はもう「努力したくない」んで「楽にいられる異性がいい」。

無理してカッコつけなきゃいけなかったり、無理して自分にないものを演じないと好かれない女はいらない。

可愛くなくてもいいし、若くなくてもいい。

ただ「一緒にいて落ち着く女がいい」。

 

◾︎現実と擦り合わせるために「ボコされる必要がある」

とりあえず「俺はそのレベルじゃないんだ」と。

んで、努力できるやつは上がっていく。

必要な条件を満たすべく行動し、結果を出していく。

そこで俺みたいなやつは考える。

「つまらんな」と。

幸いにして筆者は「ファッション好き」だし「筋トレや運動も好き」。

だが、「ボランティアは嫌い」だし「海外には交遊以外で行きたくない」。

数年も下積みすんの嫌。

その辺が「我慢できない」んで、今の自分に合った場所を選択する。

下の方の企業で雇ってくれるとこに行くし、モテなくて男に飢えてる女と一緒に好き放題遊びたい。

どうしてもトップに行きたい!というなら頑張って欲しい。

もし「違った」ならば、無理しない方がいいぞ。

 

今までの自分は「どういう選択をしてきたのか?」。

それで「満足だったのか?」。

「本当はどうしたいのか?」

その辺の「擦り合わせ」をしよう。

本気でトップを狙うならそれでいい。

俺みたいに「その辺で満足できる」ならそれでいい。

「合ったことをしてないから辛い」んだ。

自分に合った事を選択しよう。