メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

酒の認知能力低下がヤバすぎて引いた。

 

雑記メモシリーズ。

酒ヤバいわ。

 

◾︎認知機能低下

2か月ぶりくらいに飲んだら、一番最初に飲んだ時を思い出した。

この状態は「リラックスモードには良い」が、「ちゃんと物事を実行するには良くない」。

以下に低下する要素を羅列。

 

1、運動機能

バイク乗ったら死にそうになった。

*10年以上経ってるから時効

呑んでバスケして得点決められる訳ねえし、まあ機能低下する。

「ちゃんと遊びたい場合」は、呑まない方が楽しい。

 

2、コミュ力低下

細かい所に注意が届かなくなる。

ちょっと捻ったジョークとか、前提が必要な笑いとかが理解不能に。

 

3、認知機能低下

頭を使うことができない。

勉強、考え事(ガチでアイデア捻り出すとか、創造する作業)、細かい作業などの、「ちょっと集中力が必要なこと」が軒並み不可能に。

カラオケで音程とったり、ブレスコントロールしたりってのも不可能。

著しく生産性が落ち、遊びの精度も落ちる。

 

4、翌日に悪影響

無傷で済まない。

翌日は「クソ体が重い」。

体の重さに引きづられて、頭も冴えない。

…のと、おそらく体力低下してる。

*内臓疲労で

呑み翌日のバスケで30分ぶんくらい体力が削られてるし、夜まで集中力が保たない。

前日から合わせると、結構な被害甚大っぷり。

 

◾︎個人的には「週に数回で十分」

数年前まで「毎日呑んでた」んだけどね。

今は「週一呑めば十分」。

今は酔っ払った状態で書いてるけど、思考整理の手間と、安定感のなさがある。

これは「簡単に書いてるからいい」んだけど、何かを整理しながら書くとすれば、翌日以降に回すこと請け合い。

今日〜明日は運動もしないし、頭脳的にも休憩する予定だから問題ない。

…が、これで翌日に「集中力が必要な案件」があったら100%呑まない。

睡眠も悪化するし。

 

⚫︎なぜ呑むのか?

「気分転換」。

普段の思考と「違う所」に行ける。

だるいからあんま考えたくないし、簡単な事しかできない。

だからこそ得られるモノがある。

…ただ「それ以上でもそれ以下でもない」。

新しい発想をもらうために呑みに頼るのは限界があるし、その分2日を犠牲にするのはデカすぎる。

結局「しらふでできない事は酒飲んでもできない」。

恋愛で酒頼みになってるやつは、その分の「借金」が返ってくる。

素面で女を誘って、酒も何もなくても「大好き」「抱きしめたい」って言えないと、普段のコミュニケーションで問題を抱える事になる。

純粋な「気分転換」として嗜むのがオススメ。

それ以上の意味を持たせない方がいい。

素面の自分の能力が落ちる。

*内臓負担や肥満で。

 

◾︎まとめ

酒ヤバい。

認知機能だだ下がり+当日&翌日も能力低下状態で過ごすことになる。

なもんで「気分転換専用」で使おう。

酒がないと「寝れない」「落ち着かない」「ストレスが溜まる」ってやつは、普段の生活改善が先。

こんだけ認知機能が落ちても「気にならない」なら、元の能力が既に落ちてる可能性が高い。

酒は「嗜む」くらいにしましょう。

個人的には、週一以上で呑むことはおそらくない。

こんな低下状態じゃやれることが限られちゃうからね。

 

酒は、用法用量を守って正しくお使いくださいませ。