メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

俺が快適な事をした方が上手くいく。

 

前に販売やってた時は、「自分が客として来た時に快適かどうか?」って視点で売り場作ってた。

んで、一応「全店1位の売り上げを叩き出した」。

*通年だと2〜3位。

 

この「ワガママ視点」がいるんじゃないか?と。

 

◾︎今したい事と裏返し

1、働く

どういうやつが受けに来たら内定を出すか?

*ファッション系を想定。

筆者は「実行力重視」なんで、海外派遣行ってきました〜とかの「地に足がついてない経験」を語られても魅力を感じない。

同じく学校名も「瞬間的には魅力を感じる」が、内定の決定的要因にはならない。

では何で決めるか?

「独創力」。

そいつしか知らないようなマイナーブランドを知ってたりとか、面白い着こなしがあったりとか、独自の解釈でこだわりがあるなどがあったら採用する。

どっかで聞いた「他の誰かの何か」じゃなくて、「お前の腹の底から出てきた何か」を持ってるやつを取る。

 

2、女

「自然体な女」。

…自分でも意外だった。

可愛いよりも、いい身体よりも「自然体な女性」。

同性と話すように異性とも話してて、普通に隙だらけでガンガン絡んできて面白い女性に惚れる。

あと「独創性」。

「そいつにしかない何か」があるとより良い。

同じ趣味があるとか、芸術に造詣が深いとか、美容にやたら詳しいとか、何らかの「こだわり」が見える人。

話し聞いてて面白いんだわ。

独創性のある人は。

尊敬できるし。

 

3、遊び

こだわりの逸品探し。

誰もが知ってる超メジャーな遊びか、こだわってるけど人気ないマイナーな遊びが好き。

 

4、遊びの誘い方

思いつきで誘ってくる人。

「明日〇〇行かねえ?」的な。

計画しまくりの事前準備万端な感じじゃなくて、思い付きでちょっとそこまで(100km圏内程度)行かねえ?みたいな。

遊びの内容は「街歩き」「マイナーな遊び(ダーツとか)」「風呂(温泉、スパ)」。

後はやはり「独創性」。

「あの美術館行こうぜ」とか「あのマイナーなファッションイベント行こうぜ」みたいな、「どっから情報仕入れてきた?」って思うやつに誘われると、行きたくなる。

 

4、友人

なんか面白い事してる人。

この分野はこいつと一緒に行きてえ!と思える人。

音楽に造詣が深い、サッカーはこいつ、ゲームはこいつ、ファッションはこいつ、人間力はこの人みたいな。

合理性よりも「それを飛び越えてる」ってやつがいい。

ただそれを楽しんでる人。

そういう人と一緒にいたい。

 

◾︎そういう人に俺もなる事で「相性がいい人」を探せる

俺が快適だと思う事を「相手にもする」。

んで、それが合う人を大事にすればいい。

合わない人はしょうがない。

だって「つまんない」んだから。

 

それを「面白い!」っつってくれる人と一緒にいれば、俺も楽しいし相手も楽しい。

まさにwin-win

 

◾︎まとめ

「自分が快適な事」を相手にもしよう。

それで面白いと思えばwin-win、思わなければそれまで。

非常に分かりやすい。

まずは「自分が快適なこと」を把握しよう。

そこが初めの一歩になる。