メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

ネットで検索すると「偏った情報が出る」というお話。

 

簡潔に言おう。

「上位1%の情報しか出てこない」。

音楽で言えば「トップ10チャートしか出ない」。

どれだけ偏ってるかお分かりになるだろうか?

 

◾︎全ての情報に対して上位1%が表示される

就職を探すとしよう。

Googleで探すと就職サイトのトップレベルしか出てこないし、名のある企業しか出てこない。

洋服でも、番組でもそう。

「トップレベルのモノ」が自然と検索されて目に入る。

いつしか「競争が好きな思考」に持っていかれる。

 

◾︎中堅の「美味しい情報」は載ってない

筆者は「ずっとマイナー思考」だった。

インディーズバンド大好きだったし、ニコ動は黎明期が一番楽しかったし、「知ってる人は知ってる」ってくらいが最も好きなところというタイプだった。

その情報をいつしか「拾えなくなった」。

メジャーな情報ばかりで、マイナーな情報は検索ページにすら出てこない。

昔は3ページも先に進むと面白いのがあったりしたのに、だ。

そしていつしかメジャーな情報ばかりになってまい、モチベーションを失ってしまった。

 

◾︎ネットの世界は「偏ってる」

筋トレで検索すればトップトレーニーのトレーニング方法ばかりがヒットするし、健康で検索すれば科学的な根拠のあるものばかりがヒットする。

「それが正しいとは限らないのに」。

毎日ちょっとだけやってる人もいるし、少しだけ走ってる人もいる。

それは「その人が良ければいい」事である。

全員が1位を目指す必要はない。

しかしながら、なにかをしようと思って検索すると「トップレベルが出てくる」。

こんなやんなきゃなのか〜と思うと「やる気を失う」。

そんな大仰な事は「全然しなくていいのに」だ。

毒されると「マジでヤバい」。

 

◾︎特性と合っている人もいる

トップを目指したい人や、本物を志向する人。

この人は求めてる情報が「トップ1%」。

よって「望み通りの情報が手に入る」。

ただ「別にそこまでしたくねえし」って人には「窮屈」。

 

◾︎リアルはもっと優しく、ゆるい場所

そんなに出来なくても咎められないし、大した意見がなくても聞いてくれる。

トップ1%の大企業じゃなくても生きていける。

そんなに自分を高める必要もなければ、そんなに価値を証明する必要もない。

もっと楽に生きられる。

 

◾︎まとめ

ネットは「トップ1%の情報しか目に入らない」。

これが世界の全てだと思うと「気持ち悪くてやってられなくなる」。

こんなに優れている必要もないし、優れようとする必要もない。

もっと「下の情報」にも目を向けよう。

「そこに面白いものが大量にある」。

ネットで「近視眼的」になると、現実が詰む。

逆に、現実を軸足にしてると、ネットと適度な距離を置ける。

「自分が好きな立ち位置」に戻ろう。

ここはメインになる場所じゃない。

自分の居場所は「外にある」。

ネットに適応したならいいが、そうでなければ外に出よう。

ここは一見広く見えるが「狭い世界」だ。

広い世界へ行こう。