メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

好きな気持ちを「解放すると」上手くいく。

 

好きな女と「しくじった時」と「成功した時」を比べたら分かった。

上手く行った時は「好き」「やりたい」って伝えてた。

 

◾︎ありのままの感情を伝える

可愛いと思ったら「可愛い」。

会いたいと思ったら「会いたい」。

やりたいと思ったら「やりたい」

と伝える。

一切の心配をせずに。

ここを「誤魔化すと」全部がおかしくなる。

 

◾︎一個隠すと

バランスが狂う。

例えば「好きだと思った」としよう。

んで、その「好きを隠したい」とする。

そうすると、好きな感じが出ないような選択をする。

普通じゃなくなる。

ハッキリ言えば「気持ち悪くなる」。

同様に「遊びたいけど誘えない」とか、「やりたいけどやりたいって言えない」とかもそう。

気持ちを隠そうとするから「感情にズレが出る」。

貶されて怒るところを流したりとか、相手のアピールをスルーしたりする。

んで「なんか気持ち悪い」状態になる。

 

◾︎全解放すると

そのまんまいける。

「可愛いね」

「会って話したい」

「もっと一緒にいたい」

「めっちゃ抱きたい」

「お前が横にいると嬉しい」

ってハッキリと伝えられる。

この場合「上手くいく」。

凄く気持ちいいやり取りが可能になる。

 

◾︎差は「信頼」と「相性」

結局のところ「自分と似てるやつを信用する」。

なぜかって?

「思考形式が分かる」から。

自分の思考と極めて近い発想で、極めて近い結論が出てくる。

だから「信用できる」し「意見を尊重できる」。

喧嘩したとしても「何をどう考えたのか?」、

その思考の過程で「どこにズレが出たのか?」、

が把握しやすい。

結果「譲れないポイントも分かる」し「ここの考えに違いがあるんだ!面白いね」で終われる。

 

◾︎全く別だと「会話ができない」

ここが「全く別の思考回路のやつ」だと、コミュニケーションできない。

何をどう拾ってその結論に辿り着いたのか分からないから、会話の齟齬を埋めようがない。

さっき言った〇〇と、前日にあった〇〇と、いつも言ってる〇〇って要素があるから、今〇〇って話しが出てきたんだな、みたいな会話。

バカ相手だと直前の〇〇しか拾わないから、物凄く説明が必要で面白い会話ができない。

 

人を見る時も同じ。

デートに行くとしよう。

コイツの体力が大体どのくらいで、今日の服装(靴含めて)がどういうので、今どれくらい歩いたのか?

今日の体調はどんなんだったか?

ここまで加味すれば「今どれくらい疲れてるか?」は簡単に分かる。

女に訊いても「大丈夫だよ」と言うだろう。

しかしながら「それは嘘だと分かる」。

「俺が疲れちゃったからちょっと休もう」と提案できる。

エスパーみたいな本当のお話。

しかしながら、相手も目端が利くタイプだと「なぜそこにたどり着いたか?が分かる」。

コイツ状況から推測しやがったな、と。

んで逆に、俺が疲れてるとカバーしてくれたりする。

俺の気が回らない=疲労してるという事を向こうが感じ取ってカバーしてくれる。

そして俺は「それが分かる」。

「あ〜マジか、超助かる。気を遣ってくれてありがとう」と。

これが成立するレベルの女性だと満足感が段違い。

マジでずっと横にいて欲しい。

ちなみに年齢はあまり関係なく、下は小学6年生から上は46歳まで多様な年齢層で存在を確認してる。

このレベルの女性と出会うと、すごく温かい時間が過ごせる。

その代わり「思い切り喧嘩をするとヤバい」けどね。

お互いに感情の先読みが利くから、殴り合いの精度が高くてエグい傷が残る。

この手前の「感情的にまだ余裕がある段階」で齟齬を埋めるのがベスト。

ノーガードで殴り合うと、一般人と喧嘩する時の10倍以上のダメージを受ける。

最高の味方は、最強の敵になり得る。

 

◾︎まとめ

好きな気持ちを解放しよう。

解放できない相手は、おそらく相性が悪い。

なんか「引っかかる」から言えなかったり、理解できなかったりする。

それよりも「解放できる相手」に100%注ごう。

自分が望むコミュニケーションをできる人材はそう多くない。

そいつとどう楽しむか?に全力で集中。

ノーガードで殴り合うと「大ダメージを受ける」から、小規模な喧嘩を頻発させて齟齬を埋めよう。

大事な女はそう多くない。

運良く出会えたら、温かい時間をくれるその女に最高のもてなしをしましょう♪