メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

新しい事をするための「やりたい事を貯めておくリスト100」を作ろう。

 

ちょっと前に「やりたい事リスト100」ってのを作った。

…が、「全然テンション上がんねえの」。

なんでかって?

「やってみたい事リスト100」だから。

なんつーか「目標がデカすぎる」。

やりたい事リストは「やりたい事を貯めておくリスト100」に置き換えよう。

 

◾︎思い付いた背景

今日ヒマだったんで、街をぶらつこうと思って出かけたら「テンションの上がる選択肢がない」。

服は買えない&欲しいのないし、バスケは昨日筋トレしたから無理で、スパは暑いから行く気しない。

一人で飯食いに行ったり、カフェ行ったりするには、気になる店がない。

ダーツも昨日の筋トレ〜だし、カラオケは3日前行ったばっかだし、なんだこれ?と。

「俺、全然遊びを知らないな」と。

んで思った。

「やりたい事リストって意味なくね?」。

 

◾︎目標が遠くなりがち

例えば「アメリカでストバスをする」と、リストに入れたとしよう。

…すぐ達成可能だと思う??

どう考えても、それなりに準備が必要だわな。

要は「いつか」という要素がどうしても入る。

こういうのを延々とリストアップしたところで、テンションは上がんない。

 

◾︎「即座にやりたい事」リスト

遠いなら、近くのモノを集めれば良い。

すぐ目の前の「やりたい事」を大量に集める。

〇〇って料理屋に行ってみたい

〇〇ってカフェに行ってみたい

〇〇って遊び場に行ってみたい

〇〇ってゲームをやってみたい、など。

これを意識的に「集める」。

関東勢なら、この時期の湘南、江ノ島で面白そうなモノだったり、東京で面白そうなアクティビティや、自分の趣味に繋がる面白いモノを集める。

んで「こっちを達成する」。

そうすれば、簡単に幸せになれる。

 

◾︎小さい目標を大量に「新しく」集めよう

そう「新しく」。

昔やってた事もいいんだけど、やっぱなんか「飽きてる」んだよ。

前から行ってた場所だとしても「まだ体験した事ないモノ」を探す。

「お〜あれ面白そうじゃん!」ってやつ。

とりあえず「気になるもの」を大量にリストアップする。

 

◾︎誰と行ったら楽しいか?を考える

もちろん1人で行けるモノでもいい。

…が、「誰と行ったらより楽しいか?」という視点で考える。

「あれはコイツが好きそうだな」とか、「これは女と行きたいな」とか。

そうすると「ごく自然に誘える」。

「〇〇めっちゃ楽しそうだから行こうぜ〜」と。

行かないなら別のやつを誘うか1人でいけばいいだけで「行きたい事には変わりがない」。

そういうリストを「大量に持っておく」。

すると、じゃあ今日は〇〇行こうぜ〜っていう「楽しい遊び方」が可能になる。

それは「やりたいことリストより有益」。

 

◾︎まとめ

「やりたい事を貯めておくリスト100」を作ろう。

そんなん「絶対出てこない」から、行きたい事、したい事を「探し出す」。

そう。

「面白い事を意識的に探す」んだ。

やりたい事を「外から探し出す」。

やりたい事がないなら「他から探してくればいい」。

面白い事をもっと意識的に探そう。

外は思ってるより面白いぞ。

その情報にアクセスしよう。

 

「楽しい事をしましょう♪」