メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

宗教と占いとカリスマの仕組み。

 

ただすら「自分を信じている事」。

これだけ。

 

◾︎宗教家と占い師と精神障害

宗教は「誰かが言ったことを信じる」こと。

占い(命、卜、相)も「誰かが言った事を信じる」こと。

ベースと「なっているのは」何か?

そう「経典がある」。

 

◾︎勉強して「独自の解釈にたどり着く」

占い師は分かりやすいだろう。

詳細に決められたモノがあり、そこから引っ張ってくる「純粋な占い師」と、統一性障害を起点とする「支離滅裂な占い師」と2パターンある。

主に占い師と呼ばれるのは「前者」。

易者が由来。

宗教は、有名なので言えば麻原の「ポア」。

殺人を肯定する教えは何個かあり、それらを自分流に組み合わせて解釈して伝えた。

これらのポイントは「自分が信じている事」。

 

◾︎カリスマ足らんとするならば「自分を信じる」こと

占い師は「自分が正しいと思っている」。

占いの方法や解釈を「正しい」と思い、占いの結果も「正しい」と思うからこそ、「真っ直ぐに主張できる」。

宗教も同じ。

「自分が正しいと思うからこそ」人に説いて回れる。

 

◾︎頭脳明晰な人はカリスマになれない

常にどこかで「もしかしたら違うんじゃないか?」と思ってるから。

実際に、自分がモテたからといって「その方法が正しいとは限らない」し、自分が成功したからと言って「それが正しいとは限らない」。

それでも「自分が成功した方法は絶対に正しい」と思って主張したとしよう。

そうすると、見てる人が信じ始める。

「あれ?もしかしたらそうなのかもしれない」と。

実際に「結果は出てる」わけだから。

それが一定数を超えると「カリスマ」になる。

 

◾︎結果は「偶然」

芸能界に入ろう!っつったって、受けなきゃ始まらない。

顔がよくてもそれを活かす職業を選ばないこともあるし、天然で演技が上手くても役者の道に進まないかもしれない。

たまたま学校で上手くいったらそれが好きになるし、たまたまイジメられたら学校が嫌いになる。

「その程度のもの」。

結果を出してる=偉いわけでもないし、結果を出してる=優れてるわけでもない。

「たまたま上手くいっただけ」。

話を聞く価値はあるが、それを自分の意見より正しいと思うのは「間違い」。

 

◾︎自分がしたい事をしよう

なんにせよ「したい事をしよう」。

自分の意見を最優先で行動できれば、ただそれだけであなたは「一人前」。

信じるのは「自分」と「それを支持してくれる人」だけでいい。

否定は何処いってもあるし、どの角度からでも飛んでくる。

それが「改善に繋がる」なら、受け入れてもいい。

…が、それであなたが「つまらなくなる」なら、突っぱねればいい。

あなたを「楽しくしてくれる人」がいるはずだ。

そっちを向いて生きていこう。

 

◾︎まとめ

カリスマは「自分を信じる事」。

なんか「それっぽい理論」ってのは何処にでも転がってる。

これらを「上手に繋ぎ合わせて、独自の意見に仕上げる」。

これをあなたが「自分を信じて主張すれば」、ついてくる人が現れる。

その人と一緒に「楽しい方向に進めば」ハッピーエンド。

「つまんない方向に進めば」バッドエンド。

「楽しいことをしよう」