メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

健康になって改善した症状一覧。

 

ちょっと前まで、タバコ、酒、ジャンクフードに加え、運動不足、不摂生(昼に起きたりとか)を極めていた。

その時に経験し、「今は無くなった症状」を一覧で。

当てはまるなら治りますよ、と。

 

◾︎やばい症状達

1、夜中の呼吸困難

寝てるといきなり呼吸困難が起きる。

結構な恐怖感。

 

2、突然の不安症

いきなり不安になる。

部屋を飛び出したくなる。

要因は低血糖が最有力。

 

3、謎の動悸

運動してないのに、いきなり動悸が起きる。

原因不明。

 

4、立ちくらみ

座る→立つの動作すべてで起きる。

床に置いてある荷物を持ち上げたりでも。

 

5、眩暈

普通に歩いてて、稀に起きる。

 

6、頭痛

目を酷使した場合のやつ。

*読書やゲームなど。

激しい運動後を炎天下(30℃を越える環境)で限界まで追い込んだ場合は、健康になった今でも普通に起きる。

夏の外での運動は負担がヤバい。

 

7、胸の痛み

喫煙者だった時に顕著だった。

時折「胸が痛む」。

「文字通りの意味で」。

人から痛みを与えられたわけじゃなく、だ。

 

これらが、生活改善で「無くなった」。

 

◾︎改善方法

1、食事

加工食品、砂糖、カフェインを減らす。

んで、タンパク質を増やす。

タンパク質を増やす理由は「日本食だと摂取量が少ないから」。

タンパク質って「肉」なんだけど、1日に400gぐらい摂る必要がある。

普通に生活してると全然足りない。

その代わり炭水化物(糖質)ばっか摂ってる。

これを正す。

 

2、運動

有酸素系が望ましい。

全力ダッシュやランニング。

こっちで強度を高める。

筋トレはあまりオススメしない。

さんざやって分かったのが「自然じゃない」事。

疲れ方が違うし、疲れ方が大きい。

有酸素運動は「無理しない(出来ない)」。

だから、翌日〜3日間くらいで回復する。

筋トレは「疲労が芯に残る」。

翌日は全く動きたくないし、その「動かない事によるストレス」が加算されて、次のトレーニングで無茶をする。

毎日少しだけ有酸素運動をして、毎日気分良く過ごしながら体力を上げる。

 

この2つだけでOK。

 

◾︎健康は「得」

余計な事に悩まされなくなる。

集中力も上がるし、生活が楽になる。

⚫︎ちょっとしたデメリットもある

健康になると「知力が上がる」。

そうすると「不安症になる」。

知力が上がると「あらゆる事を想定し始める」から、心配事が尽きなくなる。

その分、現実を見据えて動くようになるから、恐怖さえ突破できれば成功率は大きく上がる。

*旅行計画やらなんやら。悩んだ分だけ綿密な計画が可能になる。

メリットの裏返し。

 

◾︎まとめ

なんか不調だな…って人は、改善してみよう。

上に書いた7つの症状は「治る」よ。

ご参考にまでに〜♪