メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

女とやりたい気持ちを大事にする。

 

ごく当たり前。

隠す必要もないし、ダメだと思う必要もない。

ただ単純に「やりたい」。

だから「行動する」。

 

◾︎合う女は「100%いる」

いる。

しかも驚くほど簡単に見つかる。

じゃあ「どうやって見分けるか?」

 

◾︎自分が楽にいられる場所にいる

あなたに合った場所に、あなたに合った女もいる。

あなたが「心の底からクラブに行きたい」っていうなら問題は何もない。

あの軽くダークな空気感、ショット系の酒、クラブミュージックやヒップホップの「独特の空気感が好き」っていうなら。

服はB系及びストリート系ハイカジで、タバコ及びベイプを吸いならす「あなたならば」。

しかしながら「女とやれるかもしれない」と思うだけなら「やめた方がいい」。

 

⚫︎あなたに合った場所へ行く

あなたが「勉強が好きなタイプ」だとする。

そうすると自ずと行く場所も決まってくる。

図書館、本屋、喫茶店、カフェなど。

その上で「同じ勉強をしている仲間を探しに行く」。

投資をやってるなら「投資スクールに出てみる」とか、英語を勉強してるなら英会話なんちゃらに参加してみるなど。

「自分の範囲内で行動する事で」自分の領分が分かる。

 

◾︎特性以上の事はできない

内向的なやつがストナンは苦行だし、外交的なやつが勉強会にいくのは苦痛でしかない。

ファッション好きが投資スクール行ったって超つまんねえし、そこで会う女と上手く行くはずもない。

趣味も違えば、好きな事も違うし、大事にしてる価値観も違う。

「自分の特性に合った事をする」。

そこに「あなたに見合った女性がいる」。

 

◾︎もがいてみる必要もある

合わない場所が「どれだけ悲惨なことになるか」という事を。

しょぼくてノリ悪いやつがクラブに行ったら大惨事になるし、バカが勉強会に行っても空気に読めないやつ扱いで終了する。

そんなこんなを経る事で「自分に見合った場所」が見つかる。

一度痛い思いをする事で「自分の向いてる事」ってのがハッキリと見える。

 

◾︎やりたいからこそ色々試し、色々な事を識る

最初から、たまたま自分に合った場所にいて、たまたま女と上手く行ったとしよう。

「その女を大事にすると思うか?」

そう「しない」んだ。

他にもいい女いるしっつって、すぐに別の事をしだす。

そこであがいてみて初めて「あれは特別だった」と分かる。

そのマグレ当たりした時はどんな状況だったか?

自分が楽に居られる場合はどこか?

今の場所は楽しいのか?

もがく事で「分を知る」。

大事なモノは「すぐ隣にある」。

 

自分に合った場所へ行き、自分に合った女と遊ぼう。

そこに至るために「女とやりたい気持ち」が重要になる。

感情に正直に行動しよう。