メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

合理的な選択と最も好きな選択が一致しない場合、どちらを選ぶか?

 

スポーツなんかだと「若手の扱い」。

自前で育てるのか?

レンタルに出すのか?

買ってくるのか?

トレードに出すのか?

勝ちたい以上、優先順位が存在する。

有望な若手育成でチャンピオンになる事は、ないとは言わないが「非常に稀」。

どう買い、どう売って「ベストな状態」を出すのか?

 

◾︎仕事でも女でも全部同じ

あなたは仕事に何を求めるのか?

金、やりがい、好きなこと、得意なことのバランスで決まる。

好きな業界が「金にならない」事もあれば、得意な事が必ずしも「好きとは限らない」。

あながにとってのやりがいは「人と交渉すること」かもしれないし、「1人でひたすらトレーディングすること」かもしれない。

マイペースにブログを書くのが好きかもしれないし、色々な人と会うことが好きなのかもしれない。

「それらのバランスを自分で組む」。

あなたにとってのベストを探す。

それは必ずしも「突出したものではない」。

その辺の接客業で充分だと思う人もいれば、ITを駆使して新しいプログラムを組む事にやりがいを感じる人もいる。

自分に合った選択がベストになる。

 

⚫︎女に「何を求めるのか?」

同意(承認)して欲しいのか?

異性ならではの別の視点が欲しいのか?

若さが欲しいのか?

癒される可愛さが欲しいのか?

そのバランスで変わる。

それは人によって違う。

「あなたが」良いと思った女と、良いと思った付き合い方をする。

若さ重視なら結婚する必要すらないし、可愛さに癒されたいなら少し遠目の距離感が良かったりする。

心底同意でき、視点が受け入れられる信頼できる女が欲しければ結婚する事になるだろう。

「あなたが何を欲しているか?」だ。

 

◾︎正解は「自分の中にしかない」

自分が納得するしか満足度を高める方法はない。

心底から「金が欲しい」と思ってれば、その方向で動ける。

先に好きを基準に業界を決め、その中でトップクラスの給与を選ぶこともできる。

人と会わないでマイペースに仕事する事もできるし、人と会って自分の個性を活かしながら仕事をする事もできる。

「自分が何をしたいか?」

これ以外に基準は存在しないし、その方が納得できる選択が可能になる。

結局は「自分の想いを形にしていく」。

まずは自分が欲しいものを明確にしよう。

その中でもがいてみて、可能なものと不可能なものを分けていく。

自分の気持ちを大切にしよう。

何を優先するかは「自分が決める」。

 

◾︎まとめ

「求める結果」によって、選択が変わってくる。

それは自分が望み、動くことにテンションが上がるモノがいい。

あなたの人生であり、あなたの選択なんだ。

自分で選択していこう。

そのために「自分の気持ちをハッキリさせよう」。

やりたいことやろうぜ。