メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

女にモテたいなら「女性をいい気分にしよう」。

 

 

「相手に価値を感じてもらう」

総合すると「女に自信を持ってもらう」。

「そのために動く」って視点で考える。

 

1、ハッキリと興味を示す

男に興味を示されたってのは、女にとって自信になる。

だからもう「隠さない」。

じーっと見つめて「あなたに興味がありますよ〜」って、ハッキリとサインを送る。

会話も同じ。

可愛いね、いい匂いするね、髪きれいだね、触れたらたら気持ち良さそう、などなど「興味を隠さない」。

女に興味を示し続けると決め打ちする事で、すこぶる快適に動くことが可能になる。

 

2、口説く

「男から口説かれた」ってのも、女にとって自信になる。

その一端を担ってる事を自覚し、遠慮なく口説く。

「一緒に遊ぼう」「抱きしめたい」などなど。

よっぽどじゃなければ邪険にされる事は少ない。

「口説く事が相手の自信になる」って視点を入れて、「相手のためになる可能性があるんだ」って事を念頭に置いておく。

すると、物凄く軽く動けるようになる。

 

◾︎前提

「自分が可愛いと思った女に行く」事。

基本は「楽しい時間を過ごす」事なんだ。

だからこそ自分が可愛いと思った女にいく。

「コイツとセック〇したら最高の気分になれるだろうな」って思う女にいく。

そのために「女にも気持ち良くなってもらう」。

俺にとって価値ある女にハッキリとアプローチする事で「女は自信になる」し、一緒にいて楽しいし、もし応じてくれるなら至福の時が過ごせる。

最初っからダメ元みたいなもんだから失敗しても気にならない。

最高に可愛い女に自信を持ってもらって、その先があれば最高だし、無くても別に構わないくらいの気持ちでいく。

これで「超お気楽に口説く」事が可能になる。

 

◾︎口説かれると「自分に凄く価値があるんじゃないかと思う」

これは実際の女性の発言。

これが正鵠を射てる。

男としては「実際に価値を感じてる」し、そいつとの「体験」は金額になおせない。

特に「気持ちが入ってる」ならなおの事嬉しいし、相応のコストをかけてでも繋ぎ止めておきたい価値がある。

…が、問題は「本人達はそう思ってない」という事。

「女である事に価値がある」って言われても、社会的に生きやすくなる訳じゃないし、男にはパワー負けするし、「それはそれ」「これはこれ」な感じ。

だからこそ「お前に価値を感じてる」と示す。

自分に価値がある事を知ってもらう。

その後どうするか?ってのは相手が決める事。

価値を見出してくれたあなたに抱かれるかもしれないし、自信だけ得て帰っちゃうかもしれない。

それでも「あなたが価値を見出した事実は変わらない」。

とりあえず女に「価値がある」と感じてもらおう。

話はそれからだ。

 

◾︎まとめ

女に価値を感じてもらおう。

そのために「ハッキリと興味を示し」、「ハッキリと口説く」。

価値を感じてくれたらいいから、この先はあったら嬉しいし、なくても構わない。

自分が好きで価値を感じてるんだから、それをお前が口説く事でハッキリと伝えたらいい。

それで女が「いいよ…」っていうなら「最高に美味しくいただく」し、ダメならそれはそれでOK。

価値を感じてる事は嘘偽りないんだし、それが伝わって自信を持ってくれたらいい。

 

「好みの女にハッキリと興味を示す」。

これだけ出来ればやるのは簡単。

ま、そのまんまだ。

その女に感じる感情をハッキリと示せばいい。

可愛い子には興味を示して「可愛いね!」と言いましょう♪