精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

性欲を「良いもの」として捉えよう。

 

男性は特に「性欲を悪とする傾向が強い」。

しかしながら残念。

オナ禁と筋トレをし、見た目を磨いたあなたはもう「女に望まれる側になった」。

このメンタルが超重要。

 

◾︎性欲は正しく、あなたは女性を喜ばせることが出来る

お前がやりたいと思うのと「同じくらい女もやりたい」。

女も同じ人間であり「同じ性欲を持つ人間」。

なぜそう思わないのか?

それは、今まで「枯れてたから」だ。

 

⚫︎オナ禁であなたは男になり、相手の女に反応するようになる

オナ禁を経て「やりたい!女に触りたい!あの匂いが!感触が!」と超絶飢える。

生身の女を見ればテンションが上がり、抱き寄せたい!イチャイチャしたい!声が聴きた…ryって欲望が止まらなくなる。

んで、もう我慢できずにそのままの感情で相手を見る。

勃起全開な状態で、なおそれをコントロールして普通に会話し、口説く態勢に入る。

すると相手は「まんざらでない感じ」だったりする。

ここで「ん?あれ?」と気付く。

もしかして「相手もやりたいんじゃない?」と。

 

◾︎女も「凄まじい性欲を飼ってる」

表立って言わないし、あまり要求もしないが「女も可能な限りやりたい」。

凄えエグい妄想してっからねあいつら。

レ○プ願望(あくまでも願望である所がミソ。好きな男に蹂躙されたい辺りが落とし所)があったり、乱暴に扱われるのが好きだったり、その辺のトイレでセック○するのを妄想したり、性的な想像は男と変わんねえから。

いい男にナンパされて強く押されたらすぐにでもやっちゃいたいし、彼氏のストレスをガッツリ受けて蹂躙されるのが好きな女もいる。

*もちろんノーマルな女もいる。

この辺で言うと「蹂躙したい男」と「蹂躙されたい女」で噛み合ってるんだよね。

まあとにかく、男は「色々な女とやってばら撒きたい」。

女は「色々な男とやって優秀な遺伝子(膣内競争を勝ち残るタフで優秀な精子)が欲しい」。

故に、多様な異性とやりたいのは「男女とも同じ」。

 

⚫︎女を気持ちよくさせる男の遺伝子が残りやすい

人間は元々「交雑だった」のは、各種文献に詳しい。

故にチン○の形が「掻き出す形状」になってる。

んで「女性がイク時に最も精子が送り届けやすくなる」。

こっちは本能っつか、身体に備わった機能のお話。

そしてもう一個。

「次のチャンスがもらえる」。

女が「あの男とやると気持ちいい!もう一回やりたい!」と思えば、もう一度チャンスが来る。

故に「女を気持ち良くする事」が、男のプライドにかかるようになった。

それは即ち「遺伝子競争に直結」だから。

自分の技術が水準以下で、女性の気持ちも読み取れないと「ワンチャンで終わる」。

しかも気持ちよくないから、精子を受け入れる態勢に入らない。

しかして「女を喜ばせる技術」が尊ばれるようになった。

…それはさておき。

 

◾︎女を誘う時に感じる不安は「相手も感じている」

あなたが女性を誘う時に「色々逡巡する」だろう。

引かれないかな?

手慣れて見える方がいいのかな?

自分の技術で大丈夫かな?

自分の身体で大丈夫かな?

などなど。

 

重要な事を言おう。

それ「相手も思ってるから」。

相手も「私でいいのかな?」

「臭くないかな?」

「満足してくれるかな?」

「これでいいのかな?」

って思ってる。

 

⚫︎解決策

「あなたが先に示す」。

「大丈夫。お前魅力的だから抱かせて」って交渉するのが「口説く」という行為になる。

女性から来る事も、もちろん「ある」。

気付かないのは「その可能性を排除しているから」。

女から「2人で遊びに行こう」って言ってきた場合、「100%そうだと断定していい」。

後は「夜2人で遊びに行こう」でOKが出た場合。

よく考えてみて欲しい。

「そういう場面は過去になかったか?」。

そして「どういう対応をしたか?」。

あなたはなぜ「性的な対象に見られている事に気が付かなかったのか?」。

相手をなぜ「性的な対象と認識しなかったのか?」。

オナ猿である「最悪の理由」は、ここにある。

 

◾︎性欲を女性に向け直す事

ここが終着点。

男も女も「もっとやりたい」。

機会があれば抱きたい抱かれたいと思ってる。

なぜマッチングしないのか?

「対象を誤っているから」。

ハッキリと、しっかりと「女を抱きたい」という欲望を認識する。

逃げも隠れもせず「抱きたい」と伝える。

 

これを基礎にする事で「どう動く必要があるか?」が整理され始める。

 

◾︎どういう意図で行うか?

男女において「2人で遊びに行く」ということが「どういう意味を持つのか?」。

あなたが誘っても、女から誘われても同じ。

例えば、「一緒にゲームやろう!=セック○の可能性がある」という事。

理由はなんであれ「家で2人きりの状況に誘う」=分かるな?

同じように、理由はなんであれ「2人で出かける」という事は「そういう意味合いを持つ」。

逆に、理由はなんであれ「複数人で遊ぶ」という事は「何も起きえない」。

どころか、セック○という意味合いにおいては「無意味」ですらある。

「2人で会おうよ」という誘いに女性がどう答えるか?

理由はどうでも良くて「来てくれるようであれば」あなたに脈がある。

 

⚫︎女の「行動を見ろ」は、実際にどうか?という事

口先はどうでもいい。

口ではどうであれ「来てくれる」事、あなたと一緒に居てくれる事が、何よりも雄弁に物語る。

男なんて〜と言いつつも「あなたの誘いには来てくれる」という女もいる。

だから「誘ってみろ」という結論が生まれる。

 

◾︎女とのコミュニケーションをセック○の文脈で捉え直す

「会話する→2人で遊びに行く→セック○する」

これだけ。

本当にこれだけなんだ。

自分の魅力が一定値を超えていて、優しく普通に会話ができれば「2人で遊びに行ける」。

特にここを見てるお前は「頭脳派のコミュ強」なんだから、絶対に平気。

*筆者は、頭がいい、コミュ強とよく言われる。ブログは類友を呼ぶからお前も一緒。

2人で遊びに行ければセック○はすぐそこ。

よっぽどテンパって相手の気持ちを無視するような事をしなければ、簡単にたどり着く。

ここでも同じ。

「相手も緊張してる」し「セック○を意識してる」。

「だからこそ」いつもよりリラックスして、優しく砕けていつも通りに接する必要がある。

ここでオナ猿はセック○に意識を持っていかれすぎて普段通りの振る舞いができない。

ここで「セック○の可能性を直視しながら立ち振る舞う」メンタルが必要になる。

でももういんだわ。

向こうもやる気できてるって分かったろ?

焦る必要なんてなくて、相手がリラックスできるようにまったりした時間を作ればいい。

そんな弛緩しきった空気の中で「抱きたい」って通す。

ゆったりした最高の時間が過ごせるだろう。

 

◾︎まとめ

性欲は良いもの。

そしてそれを「生身の女に繋ぎ直せ」。

そこら辺のキモ男が抱きたいっつっても確かに通らない。

…が、オナ禁して色々やって「男」になったお前が言えば「達る」。

超リラックスして「一緒に遊びに行こうぜー!」って誘う。

これは「確認」。

「女と2人の時間を過ごそう」ってのは「そういう意味を持つ」。

注意点としては「濁すなよ」。

仕事関係で相談したくて〜とか、友人のプレゼントそ選びたくて〜とか「余計な要素を入れない」事。

「一緒に飯を食いに行こう」

「2人で遊びに行こう」

と伝える事。

濁すと「来てくれる確率は上がる」けど、目的が変わる。

だから「そういうつもりじゃなかった」になる。

そりゃ仕事だと思って行って口説かれたら「は?」ってなるわな。

プレゼント手伝いも同じ。

そういう要素を排除して、元より「そういうつもりで誘う」。

すると「来る=そういう事」だから、リラックスして遊びに行くことが出来る。

このくらいかな。

とにかく「ハッキリと」「堂々と」がキーポイントになる。

落ち着かなくなったら「相手も同じ事を思ってるかも」って考えて落ち着け。

よっぽど遊び慣れてるやつ以外は緊張するし、逡巡もする。

自分の心も省みながら、相手の心にも配慮してみましょう。

ま、お互いやりてえんだから、なんとかなるさ♪

楽しんでいきましょう♪