精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

恋愛工学の言う「S級」って「どういう基準?」。

 

恋愛工学で言われる「S級」という概念がある。

恋愛工学では「芸能人のような可愛い子」という意味で使われる。

…が、ここに違和感がある。

現実は「自分がいいと思った女がS級」。

これが恋愛の醍醐味であり、故に面白く難しい所。

この基準を「他者に投げる」から、基準がおかしくなる。

 

◾︎誰もが認める可愛い子より「あなたが思う可愛い子」

石原さとみが「S級」やつもいれば、綾瀬はるかが「S級」なやつもいる。

「あなたにとってのその女」なんだ。

他の誰がなんと言おうと関係ない。

俺にとってのNo. 1が「その女」であり、こいつこそが「S級」。

 

◾︎この女を落とす事こそ「自分に求められる力」

こいつと話すとなんかほんわかして、一緒にいると楽しくて、同じ空間を共有したい、ずっと側にいて欲しいと思う女。

喧嘩もするし、言い争いもするけど、こいつがいないとなんか物足りなくて、日々の幸せを深く共有してる女。

こいつにハッキリと「お前がいて幸せ」と言える女。

「代りの利く女じゃダメ」。

「そいつ」なんだ。

 

◾︎これに逃げて「他の女」扱いするから上手くいかない

恋愛工学界隈では「S級には社会的立場(社長とか)が必要」とか「恋愛スキルが必要」などと言う。

しかしながら、その実「あなたにとってのS級と上手くいかない言い訳だとしたら」どうか?

若くて顔が良くて身体がいい女は確かに「S級」ではある。

…だが、それとセック○したとしても「あなたの基準が消えてる」。

「お前が思うS級の女」は何処にいる?

こいつと同じ時間を共有して幸せになれる女は?

なぜそいつと同じ時間を共有しないのか?

S級と一緒にいたいなら「構わず誘う」し、相手のことを思いやる気持ちも出るだろう。

なぜできないのか?

そっちが問題の本質。

 

◾︎あなたにとってのS級にチャレンジしよう

練習なんてない。

あったって関係ない。

あなたにとっての「S級」は、あなたの感情を掻き立ててくる。

その上で、それを受け入れ、越えて、想いを告げなくてはならない。

誤魔化す方法ばっか上手くなったって意味がない。

本気で本心を晒す覚悟を持ち、ハッキリと女に向き合う事。

これさえ出来れば大量の女は必要ない。

「あなたにとってのS級」といる時間を優先し、大事にするだろう。

 

◾︎まとめ

「S級の定義」を見直してみて欲しい。

本当にその女なのか?

なぜその女なのか?

代わりがきく程度ならば、なぜその程度しか情が入らないのか?

「問題は自分にないのか?」。

上っ面の女遊びはさぞ楽しいだろう。

無責任で楽しい時間だけを共有する。

しかしながら、それを突破した「上の世界」はもう1ランク違う世界がある。

そこを一緒に歩ける女を探すのが目的であり、責任をかぶるからこそ楽しいコトもいっぱいある。

「どこが目的なのか?」。

まあ色々考えてみるといい。

もう俺は恋愛工学は卒業の頃合いがきた。

「あなたにとってのS級の女」を探そう。

それは「意外と近くにいる」よ。