メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

筋トレのベスト強度。

 

高強度をやりすぎて「死んだ」ので、自分用メモ。

 

◾︎重量=セット数

「10回×3セット」か

「5回×5〜6セット」

が、絶対に可能な重さでやる。

これが超重要。

「重けりゃいいんでしょ?」

違う。ダメ絶対。

 

⚫︎回数は筋肉疲労だけじゃなく「神経系」にもかかってくる

筋トレは「筋肉を疲れさせる」。

筋肉を使うには「ある程度の回数を」行わなければならない。

しかしながら、重量を追ってくと「低回数で高重量」を狙い始める。

3回が限界の重さを3セットとか、5回が限界の重さを3セット(しかも2セット目からは4回しか上がらない)とか。

これをやると「神経系が先に死ぬ」。

要は「重さに身体が耐えきれない」。

んで、修復のために「しばらく怠い状態が続く」。

 

◾︎神経を痛めると

俗に言う「体が動かない」ってやつ。

動くと「神経が尖ってる」ような感じがする。

ピリっとして、なぜか超だるい。

歩くのも辛いし、鬱っぽくなる(テンション上がんない)し、とにかく「身体がダウン」する。

こうなると記録は上がんねえわ、負荷は足りてない(筋肉の運動量。軽めの10回と重めの5回だと、軽めの方が筋肉を動かしてる距離が長い。その分成長する)わで、ただ休んでるだけになる。

これは非常に無駄な時間なんで、セット数と回数を強く守る事。

 

◾︎最低でも「計30回以上こなせる重さ」でやる

これが最も重要。

セット間の休憩は1〜5分で収める。

やってみりゃ分かるが、本当に「5回が限界の重さ」でやると、10回前後で限界がくる。

1回目5回、2回目4回、3回目2回とかで、完全に息が上がる。

んで、次はあげらんなくなる。

それじゃ「重すぎ」。

かと言って、軽すぎても成長しないんで、計70回以上は出来ないくらいの重さでやる。

30回以上70回未満。

ここに収める事で、筋トレの効果を最大にでき、自分も死ねずに済む。

無茶は厳禁で。

 

◾︎まとめ

高強度「すぎる」と死ぬ。

ちゃんと「30回以上70回未満」やる事。

5回が限界の重さを10回程度やって満足しない。

…たしかに爽快感があるんだけど、翌日から3日間棒にふる。

 

やりすぎ注意。

楽しく、パフォーマンスのいい身体を作りましょう♪