精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

「デブ 自業自得」って検索ワードで来たやつがいたんで、痩せ方について書いてみる。

 

デブは「セットポイントが壊れた状態」。

つまり「食ってるモノが悪い」だけ。

この辺をハッキリさせておこう。

 

◾︎痩せ方

yuchrszk.blogspot.jp

 

これが非常に分かりやすい。

*その5まであるので「本気で痩せたい人は必見」。

筆者もこれに倣って「73kg→63kg」まで落とした。

しかも、そこそこ簡単に。

 

っつーわけで要点まとめ。

 

◾︎要点

1、刺激物で脳が壊れる

俺らの脳は原始時代基準で止まってる。

故に「大量の砂糖」とか「塩」に関して、報酬が出るようになってる。

食うと「上手い!もっと食いたい!」ってなる。

自然界の食品で「甘いもの」ってほとんどないのよ。

フルーツとか芋類くらい。

塩っけのあるものも同じ。

故に「お菓子」とか「ジャンクフード」とかの刺激物に「弱い」。

本来「ないもの」の刺激を与えられてしまうため、「それを食わないと落ち着かない」って状態になる。

っつー事で「脳の報酬が壊れる」。

 

2、栄養カスカス(新型栄養失調)

野菜を100gg食ったとして、カロリーは「40〜130kcal」。

ブロッコリーで40kcal、さつまいもで130kcal。

しかしながら、ポテトチップス100gで「554kcal」。

んで「どっちが栄養があるか?」。

当然「野菜」だわな。

同じように、菓子パンと肉は?ケーキと魚は?ってやってくと「足りないなんてもじゃない」という事が分かる。

カロリーだけ積もり積もっていくが、栄養が足りないため「脳が満足しない」。

んで食い進めると「肥満確定」。

 

主にこの2つ。

口当たりがよく、俺らの欲望報酬系にダイレクトに来る「加工食品(塩、砂糖)」を食い、脳が壊れるとデブになる。

 

◾︎痩せるには「食事改善しかない」

デブは運動しないからでもないし、ましてや食い過ぎだからでもない。

「食事報酬が壊れちゃってる」んだ。

これをハッキリと自覚する事。

その後にやることは1つしかない。

「ちゃんとした食事をする」事。

これだけ。

 

◾︎加工食品と砂糖を減らし、油をオリーブオイルかココナッツオイルに変え、肉と魚を野菜を増やす

最もオススメなのは「パレオダイエット」。

パレオな食事法:完全版「パレオダイエットってなに?2015年版 #2」 | パレオな男

これ。

まあ見出しの通り「加工食品と砂糖を減らす」事。

食事報酬が壊れる原因を省く。

んで、大抵の人は「タンパク質が足りない」。

よって、そこを肉と魚で解決する。

 

…ここまで来てなんだが「やってみりゃ分かる」。

加工食品を省くと「1週間で体調が良くなる」。

油を変えると「効果倍増」。

肉、魚、野菜で身体が整っていく。

肥満なやつほど効果がデカいんで、特に推奨。

 

◾︎まとめ

デブは「脳で作られる」。

脳を乱すのは食事なんで、そっちが先。

運動はオマケ。

*健康には良い(メンタルに良く、身体能力は日々の活動量に関わる)が、減量には効かない。

とにもかくにも「食事を見直す事」。

 

デブからの脱却を願っております。