精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

男性はまず「俺も性的対象に入ってるんだ」という認識を持つ事。

 

初っ端からクライマックス。

お前も「女から熱い視線で見られてる」よ。

 

◾︎あなたはもう成熟した

15歳以上であれば、あなたも性的な対象に入る。

あなたが女を「そういう目で見てる」ように、女もあなたを「そういう目で見てる」。

さてどうだろうか?

「嬉しい」という感想ではないだろうか?

 

◾︎自分が興味対象に入っていると思うと「振る舞いが変わる」

自信がなく、女性に引け目を感じてる自分が、実のところ「そういう目で見られていた」としたら?

そう。

自身がなく腰が引けているという事は「貴女に興味がないです」というメッセージを送ることになる。

 

⚫︎逆で考える

あなたが可愛いと思った女性がいるとする。

その女性は誘っても嫌そうじゃないんだけど、そこまで楽しそうでもない。

会話もぎこちなく、イマイチ何言ってるか分かんなくて、すぐ黙っちゃう。

行動は若干不審で、近づくと距離を取られる。

…もう分かるな?

「お前の事だよ」。

 

◾︎どうすればいいか?

「ハッキリと興味を示す」。

その女と遊びたい、お前といて楽しい、「お前と親密になりたい」と伝え、行動する。

性的対象になってる女からグイグイ来られるのも想像し難いと思うが、要はそんな状況を自分で作る。

「一緒にやろう」「お前めっちゃ魅力的だし」「お前とやりたんだ」っつって、「口説き落とす」。

「うん…」と言わせる。

故に「口説き」と言われる。

 

ここで「自分に性的魅力があるほど可能性が広がる」から、自分磨きをする必要がある。

 

◾︎その前提の上での「筋肉」と「強引さ」

筋肉は「相手の本能を刺激する」から。

逆にパターンだと、顔はブスでも身体がいい女は抱ける訳で。

健康状態とも関連があるし、とにかく「筋肉がある(動ける)」という事は、あなたの「性的な魅力を」底上げしてくれる。

 

強引さが必要なのは「キッカケがいる」から。

なんにせよ「性的な目で見てます」「私もです」ってやりとりが必要になる。

「じゃあ一緒にやろう」ってなるだけだから、簡単だろ?

これが自分に自信が出てきた状態。

「やりたいでしょ?」「うん」「じゃあ一緒にやろう」って引っ張っていける(リードできる)状態になれば無双できる。

 

◾︎コンプレックスやら何やら

人によって色々込み入った事情がある。

醜形恐怖とか、自分の身体に自信がなかったり、セック○の技術面に自信がなかったり、過去にトラウマがあったり、まあ多岐にわたる項目がある。

あなたがやる事は「大丈夫だよ」と笑い飛ばす事。

んで「俺もそうなんだ」と伝える事。

…マジでなんのコンプレックスもなかったら「恋愛エリート」だわ。

あるのが普通で、腰が引けるのがある種「普通の反応」。

「あ、お前もなんだ。俺もだわ」ってなるのが普通なんで、むしろ安心して欲しい。

 

◾︎逆だったらどうか?と考えるクセをつける

んで「大体同じなんだ」と。

驚くほど似てんのよ。

恋愛を満喫してんのは「一部のエリートだけ(上位10%くらい)」で、もっとやりたいけどキッカケを掴めないでもがいてたり、結婚してるから諦めたりする。

モテ女やモテ男のブログですら「悲壮感が漂ってる」ってとこも多いし、イマイチ「異性大好き!異性を心から楽しんでます!」って人は少ない。

裏ルートを使って自由に楽しんでる人もいる一方で、なんとなく諦めて趣味の時間に没頭して誤魔化してる人も多い。

悩みはほぼ同じ。

可愛い女を即誘って即遊びに連れていけるようになるハードルは「存外に高い」し、それを女性から提案するのも同じくらいのハードルがある。

「そんなもんなんだ」とリラックスしてるのが最もいい形。

 

◾︎まとめ

お前も女から熱い目で見られてるぞ。

目が合ったら笑顔を見せたら喜んでくれるし、手を繋いで歩けば幸せになれるし、ぎゅっと抱きしめてあげれば嬉しがってくれる。

もう「そっち側になってる」事を認識しよう。

あなたはもう女性に煙たがられる男ではなく、女性に幸せをもたらせる存在になってる。

あなたが熱烈に口説けば女性はテンションが上がるし、あなたが抱いてあげれば嬉しがってくれる。

*もちろん例外もある。

 

とはいえ、そのためのハードルが「存外に高い」のも知ってる。

まあやれる事からやっていきましょう。

ただ「ビビる必要はないよ」と。

あなたには「もう資格はある」んだ。

 

ぜひ楽しんで欲しい。