メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

自分の可能性が広がる喜びを自分自身で決断しよう。

 

これを起点にすべきだと悟った。

…いや、久し振りにリンキン・パーク聴いたら、あの頃は凄え楽しんでたよな、と思って原因を考えた。

 

◾︎当時18〜21歳

いやもう「遊び倒してた」。

浪人したのをいいことに、バイト三昧でクルマ&バイクの免許を取りに行き、なんちゃってバンドを組んだり、夜の峠を走ってたり、裏原宿全盛期だったから服買いに行きまくりだったり、そりゃもう凄まじい3年間だった。

この頃はガチで異性を気にしてなかったけどモテた。

自分の趣味が楽しすぎる関係で、女と会話が噛み合わない(趣味が合わない)から、一緒にいてつまんなかったけども。

*筆者の趣味はメンズに偏ってる。メンズファッション、バイク、クルマ、音楽(ベース)、ダーツ、格ゲーなど。故に女と一緒に遊べるものがない。

 

んで、なにが楽しかったんだろう?と思ったポイントが3つ。

 

◾︎ポイント

1、自分の興味があるモノができた

上記はいずれも「自分で決断した」のがポイント。

俺がやりたくてやってたし、これいい!って思ってすぐに取り組む事が出来た。

自分で選んだ満足感はハンパないし、それはやってて楽しい確信に変わっていった。

 

2、仲間がいる

幸いな事に、上記の全てに仲間がいた。

バイク好きと一緒にプチツーリング行ったり、クルマ好きと一緒に峠行ったり、その辺走り回ったり、音楽好きと一緒にバンドやったり。

上手いか下手かなんて気にしなかったし、ただやってて楽しけりゃ良かった。

好きな事を同じ事が好きな仲間とやってる訳で、そこに問題は何一つなかった。

 

3、今ある世界が広がる感覚

最終的にこれ。

クルマやバイクに乗ったら「今まで行けなかった場所」に行けた。

服を買いに原宿行った時もそうだったし、代官山を開拓してったり、今まで弾けなかった音楽が弾けたり。

「今ある世界が広がる」という喜びがそこにあった。

今まで触れられなかったモノや、憧れていたモノに届く。

日常と非日常が一体化されてて、軸足はしっかりと現実にある(バイトや勉強)んだけど、週末は楽しい世界へ仲間と行ける。

新しい事と成すべき事のバランスが取れた状態だった。

毎週末、世界が広がっていくとでもいう形。

 

◾︎落ちた時

専門学校に戻った時。

ここじゃ頑張っても金も入らねえし、息抜きもできない。

クルマ系の専門学校に行ったから「仲間は最高」だった。

もうこれはガチで、人生で唯一学校が楽しいと感じた時期だった。

しかしながら「また勉強するのか…」という諦観と「金も時間もなくて遊べない」という二重苦(往復3時間かかっていたため余裕がなかった)で、見事に脱落。

浪人時期が楽しすぎたから麻痺してたんだろうね。

ここからが転落のスタートだった。

 

◾︎現実に軸足が無くなった時にどうするか?

なんだかんだと「学校」とか「バイト」という軸足があった。

生活の基盤のために行う活動だな。

だが「それが無くなった」。

学校にいたら得られた就職サポートもなければ、斡旋もない。

そこで俺が選んだ道は「とりあえずバイトを続ける」だった。

学校で心が折れた俺が選べる選択肢はなかった。

これで転落確定。

人間は「環境に馴染む」。

フリーターのまま10年を過ごし、精神を病み、若さを失い、職を失って今に至る。

 

◾︎自分で決断し、進む事

何かをする時は「自分で決めて動く」。

趣味も、仕事も、全て。

学校を辞めた後のバイトの選択は「俺が納得して選んだ訳じゃない」。

ここからがダメの始まりだった。

学校を辞めた手前、親の言う事に刃向かう気力を失くした事が敗因。

ヤマトか佐川なんかの「誰でも入れるとこで働こうとした」。

…んだが「ちゃんとしたとこ入りなさない!」に心が折れた。

親を恨んでるわけじゃなくて、「決断を他人に任せた」事が失速の原因。

自分で納得してバイトしてたら「苦しくなかった」のよ。

当時「ものすごく働きたかった」し「金が欲しかった」。

そこを「折って」他人に合わせた事が「最悪の選択肢」だった。

別に普通の仕事(事務系)なんて「したくもない」し、バイトの給料じゃ全然足りない。

…が「それに合わせてしまった」。

学校に300万くらいかかってっから引け目もあったのよね。

その結果、完全に自分を見失った。

なんせ、自分がやりたい事が「どこを向いてもない」。

働きたいけど俺が働きたい道は禁止されてて、働きたくない方向にしか門徒が開いていない。

んで、目の前のバイト生活。

これは仲間に恵まれたため楽しかったが、やはり目標がない。

バイト先で社員登用してもらう気もなかった(仕事自体は簡単でつまらない)し、もはや選択肢がない。

生きてて超絶つまんねえ。

目的も目標もなくフリーターやってて、友人から聞かれても明確な答えが返せなくて、俺自身の中にもモチベーションがない。

そんな自分が恥ずかして人に会いたくなかったし、自分自身納得がいかなかった。

 

⚫︎再び選択の時

今再び「自分で決断すべき状況」に来た。

今度こそ絶対に「自分で選んだ道に行く」。

もう他人の基準で動くことはしない。

「俺が納得した事をする」。

 

これを読んでいるあなたも「あなたが納得する選択」をして欲しい。

それでこそ世界が広がるし、モチベーションも湧く。

 

◾︎まとめ

自分の世界を広げよう。

「自分の意志で」。

友人と一緒にやる事であれ何であれ、最終的には「自分で決める」。

あなたが好きならそれが正義だし、あなたがしたい事ならそれでいい。

自分で決断した先に道があるし、そこにしか道はない。

 

主導権を取り戻しましょう♪