精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

人間は目の前の環境に対応してるだけっぽい。

 

今、現在「金ない」「不健康」「女いない」の三重苦。

だからこそ「色々調べる」し「解決しようとする」。

 

ちょっと前までは、それなりの金もあった(月5万程度は使えた)し、遊ぶ友人もいたし、認めてくれる上司もいた。

女がいなくても特に寂しいと感じる事もなかった。

*不健康ではあったが。

そん時は全然悩んでなかったし、とりあえず毎日過ごしてりゃよかった。

「何もなくなったからこそ」色々やろうと思う。

この辺りもまた面白いところ。

 

◾︎劣等感と克服

アドラーさんのやつ。

劣等感があるから克服しようとする。

貧乏出身のやつが金持ちになったり、非モテがモテに化けたりする。

変な話しだが、苦労した分「その事を考えてる」。

金で苦労したくないから金の稼ぎ方を知ろうとか、どうしてもモテたいから色々やろうとか。

小金持ってたら(最低限の生活に困らないくらい)、それ以上無理しなくても遊べるわけだし、それなりに異性と上手くやれるんなら悩む必要もないわけで。

当たり前っちゃ当たり前。

克服した瞬間に反動で跳ね上がる。

 

◾︎なんでも持ってるやつは何もしなくていい

だってそこでいいんだから。

普通の企業に入って、普通に恋愛して、それなりに遊んで、それなりにしたい事をしてる。

特異的な事は何もなく「ただそこにいればいい」。

普通に子供がいて、普通に歳をとって、普通に老いていく。

…まあ最も幸せな形ではあるが。

 

◾︎今ある環境だからこその状態を活かす

なんらかの特異的な状況にある人は「それを活かそう」。

無職だからこそ「なにがしたいか?」「どのくらいの給料を目指すか?」「好きな業界は?」「自分が活きる業界は?」っつって考える。

モテないからこそ「女はどういう気持ちなんだろう?」「どうしたら楽しくやれるんだろう?」「何を望んでるんだろう?」「自分の立ち振る舞いはどうなんだろう?」ってのを鑑みる。

何か克服したいことがあったら、それに取り組もう。

一度良い方に転がりだしたら、溜めたぶん跳ね上がるぞ。

 

◾︎まとめ

人間は環境に適応してる。

それなり楽しんでたらそこに対応するし、辛ければそこに対応する。

そこから抜け出そうと努力する事で、普通の人(それなりに楽しんでる人)を越える事ができる。

だってその事を一番考えてきたんだから。

 

辛きゃ辛いで意味があるのさ♪

もがきまくってみよう。

抜け出した先には「力をつけたあなたがいる」。