メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

タバコの恐怖をふと思い出した。

 

中毒性ナンバーワンだわ。

衝動が「ふと」来る。

関連がないような、空腹やウォーキングで思い出す。

「2年経ってんのに」だ。

 

こりゃ止められない人が多いわけだ。

 

◾︎喫煙者に戻りそうになる「ヤバいポイント」

1、いつも吸ってるタイミング

最初期から半年はコイツとの戦い。

寝起き、通勤、飯後、休憩、アルコール摂取時、就寝前など。

まあ「完全に習慣化されてるポイント」で、強烈に吸いたくなる。

1ヶ月毎に「軽くはなってく」が、気にならないレベルになるのが「半年後」。

最初の戦いがピーク。

 

2、稀に吸ってた記憶があるポイント

友人といつも一緒にいた場所とか、通勤なんかで「タバコスポット」として利用してた場所など。

普段は行かねえけど稀に行く、一時期バカみたいに行ってた場所が「ヤバい」。

ふとそこに行くと「フラッシュバックする」。

「あ〜タバコ吸いて〜」という心からの感想が漏れる。

こっちは「完全に気が抜けてる時に来る」。

いつも吸ってたタイミングだと予想できるんだが、こっちは予想できない。

そこで来るか!?となり、勢いでタバコ一箱買いかねない。

頑張る。

 

3、疲労&ストレス

俗に言う、うさ晴らしの一本。

これ自体「単体であれば処理できる」。

イラつくからタバコ吸いて〜ってくらい。

問題は「状況とダブルになった時」。

ストレス+アルコール+行きつけの居酒屋のコンボに耐えられたら、あなたは神になれる。

疲れてる時は、いつもの休憩時間+缶コーヒーのコンボで死ぬ。

頑張る。

 

◾︎電子タバコを取り入れる

アイコスじゃないぞ。

「旧来の電子タバコ」。

Vapor(ノンニコチン電子タバコ)とは?使用感レポート&使い方アドバイス - decinormal

こういうの。

ポイントは「ニコチンがない」事。

アイコスだと、結局のところ「依存性は抜けない」。

タールもヤベえ(肺気腫とか呼吸系直結)けど、ニコチンもヤバい。

依存性はもとより、ドーパミンの系統を狂わせる。

つまり「感動」とか「モチベーション」という面で問題が出る。

結果、人間本来の闘争能力を失う。

「タバコを愛する民族は平和」ってのはよく言われるが、裏を返せば「なにかが失われてる」という事。

平和主義者を気取るならOKだが、充実した人生を過ごしたいなら断つ。

 

⚫︎ニコチン無しのリキッドで電子タバコを吸う

禁煙すると「どうしても我慢できない」って時が「絶対に来る」。

この時にタバコに戻ったり、ニコチンありのを吸ってると「元に戻る」。

ここを電子タバコで耐える。

電子タバコは普通のタバコに比較して「吸った感が全くない」。

タールもニコチンもねえんだから当然だけど。

でも「吸った感覚はある」。

これを繰り返すことで「中毒が抜ける」。

そう。

昔ながらの「代用品」を電子タバコにしようということ。

これが最も「リスクがない」。

なんか食って紛らわせると「激太りする」し、ニコチンを補給すると中毒からの脱却ができない。

最も吸った感覚があって、無理なく戻せるのが「電子タバコ」。

オススメ。

 

◾︎まとめ

タバコ凄え。

2年も経って強烈に吸いたくなるとは思わなかった。

そん時は30分くらいで収まったし、どうしても!ってほどではなかったが、おっさんが燻らせてるタバコがあんなに美味そうに感じる「感覚を思い出す」のは久しぶりだった。

ふと思い出す中毒性はさすがの一言。

 

やめられなくてもしょうがねえよこれ。

禁煙するなら、勢いと同時にキッチリ対策を打って始めよう。

代替え品は必須だぞ。

 

頑張ってくれ。