精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

リーンゲインズ終了のお知らせ。

 

止めた。

色々な状況に柔軟に対応するにはこだわってられなくなった。

 

◾︎動き始めたら無理だった

とりあえず、リーンゲインズスタート後に思うのは「活力が落ちる」。

「食ってないんだから活力が出ない」っていう。

特にまあ、午前中が使い物にならないよね。

さあ出かけよう!っていう気持ちが「一切湧かない」。

ゆっくり家で誤魔化そうって感じになる。

 

◾︎向いてる人

デスクワーク。

もしくは、基本的に動かない人。

実際に「動いてない=食ってない」だから、バランスが取れてる。

あと「過剰に食ってる人」。

平たく言おう「デブ」だ。

お前はグリコーゲン(肝臓と筋肉に蓄えられた糖質。運動時に必要)が満ち満ちてるから、数日食わなくてもいける。

 

◾︎向いてない人

定期的に「運動をしてる人」。

毎日〜数日に一回はジョギングしてるような人。

もしくは俺みたいに突発で「今日バスケ行こう」っつって運動するタイプ。

この方々には「オススメしない」。

なんせ「動けなくなる」。

上でチラッと「グリコーゲン」の説明をしたが、筋肉は糖質によって動く。

日々運動してる人は「収支の釣り合いが取れてる」。

これを意図的に落とすと、確かに痩せはするが「パフォーマンスが落ちる」。

1時間以上運動をするなら、途中でおにぎりを食ってみて欲しい。

1時間前と同じパフォーマンスに戻るから。

1〜2週間だけ集中的にやって、一旦脂肪を落とすんなら「アリ」だが、習慣化して日々の体重をコントロールするのはやめた方がいい。

 

◾︎なぜ流行るのか?

「痩せる」と「ボディビルダー専用」だから。

食う時間を制限してるんだから、総カロリーは減る=痩せる。

もう一つはボディビルダー専用。

筋トレ「のみ」に特化されてる。

要は、日常生活のクオリティを高くする設計になってない。

一般人は毎日の仕事があり、その「余暇」で運動をする。

その仕事の運動量や、通勤通学のエネルギーが入ってない。

糖質が必要なのは筋肉だけじゃなくて「脳」もなんだ。

むしろ糖質が脳を大きくしたと言ってもいいほど。

「頭だけ」を使えばいいデスクワークならさておき、一般人は多少の動きもありながら頭を使う。

…まあ、どのみち「エネルギーが足りない」。

空腹を「無駄に」我慢しながら仕事をする事になる。

効率が上がるわけがない。

南雲氏などは「上がるらしい」けど、俺は上がらなかったから止める。

やってみて確認して欲しい。

 

◾︎まとめ

リーンゲインズさん、痩せたら用なし。

常用するには何とも微妙。

まあやってみてくれ。

俺は突発で遊びに行けなくなるのと、朝から日活力が欲しいからもう止める。

メリットは確かにある。

身体が瞬間的に軽くなったり、痩せたり。

週1〜2くらいはやるかもしれない(全然動かない日が連続したら)が、動く日が連続したら即止め。

 

あとは任せた。