メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

ネットはネットで意見が偏ってる件。

 

ネットはネットで情報を拾うから、ネット同士で喰い合う。

結果おんなじのばっかになる。

その辺を少し。

 

◾︎「あなたの社会」と「私の社会」は違う

製造業にいたらそういう思考になるし、接客業にいたらそういう思考になる。

独立志向があればそれで集う。

それぞれが「個性」なんだが、ここで偏りが発生する。

社会人でも幸せにやってます〜って人もいるんだけど、ネットにいると情報が入ってこない。

だって、リアルが幸せなんだからネットに入る必要はないよねっていう。

 

そんなこんなで「情報が偏る」。

 

◾︎世界を広く使う

ネットは「一部」。

結局んとこ「情報にアクセスできるようになっただけ」であって、それが自分のためになるのか、それを使って進むのか?ってのは変わらない。

しかもその情報も「ごく一部」。

進んだらまた違う景色が見えるし、その都度やり直し。

結局んとこ「今見てるもの」と「目の前で行った事」しか「意味がない」。

思考をいくら積んだって意味ないし、せめてこうやって「文章にする」くらいはしないと「現実にならない」。

 

なんらかの「現実を作り出す」「現実を動かす」ための情報だという事を肝に命じておきたいところ。

 

◾︎まとめ

ここが世界の全てじゃない。

googleさんでも知らない事はあるし、知ってたとしても選択肢が多すぎて「自分が選べない」かもしれない。

その状態でも、結局は「やるしかない」訳で。

いくら学んでも無駄…とまでは言わないが、それはそれであって、実行力とは別。

知らない事は常にあって、どんなに先回りしても無駄で、結局は「目の前の事をやるしかない」。

 

そんなこんなで「分からない事を受け入れる」、「やるしかない」って事で。

 

緩く、しかし全力で目の前の事をやりましょう。

生きてくのはそれしかない。