精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

今が上手くいってない人は「落ち着く場所」を探そう。

 

最近、久しぶりに昔ホームだった遊び場に行ったら「ここだわ!」って感覚があったので、ちょっと書き起こす。

 

◾︎自分の感性に合った場所

そう「感覚」。

別の言い方をしよう。

「素の自分で過ごせる場所」。

歩いてて「なんか良いな」と思う場所や空気。

そこがあなたに合った場所である可能性が高い。

 

◾︎慣れとは違う

慣れは「落ち着くようになった」という「受け身」の感覚。

そうじゃなくて「積極的に行きたくなる」ような感覚。

積極的な攻めの感覚でいて、そこがいいと思える場所。

 

◾︎我慢してると特性を見失う

向いてないけど「勉強しなきゃ!」っつって「図書館に行く」とか、「モテるためにはナンパだ!」っつって「クラブに行く」とか。

実際に体験して「そこが合ってる」なら別に良い。

だが、アウェイ感満点で、そこにいる人とも「なんか馴染めないな」って感覚があるのなら、そこは自分の場所じゃない。

無理して馴染んでも「特性と合ってない」から「苦しくなる」。

筆者の場合も「勉強嫌い」なのに、仕方なく勉強するために図書館に入り浸ってたから分かる。

あそこはアウェイだった。2年くらい行ったのに。

図書館の人と話した感覚とか、図書館にいる人の空気感とか。

 

逆に、全く意識してなかったけど、たまたま遊びに行った場所で「息ができる感覚」があった。

マジで文字通り「息ができる」。

ほっと息を吐き出せる感覚。

よっぽど今の環境が合わねえんだな、と確信した。

 

◾︎特性に合った場所へ行く

「行きたい場所に行く」。

なんとなく「ここだな」って感覚を大事にする。

目的のために自分を殺す選択肢を取ると「本当に死ぬ」ぞ。

まあそれも含めて「自分の選択」だから、好きな方を選んでほしい。

 

◾︎まとめ

今、上手くいってないのは「特性と合ってない場所にいるから」かもしれないよ。

俺とは逆で「図書館が好き」なら、本好きの人とゆったり交流するのが楽しかったりするだろう。

服が好きじゃないのに服屋に行ったって「苦しいだけ」だし、初対面が苦手なのに「営業」とかやったら死ぬ。

無理してる事は「無理してる事」なんだ。

「無理しないでできる事」の中に、本当に自分が輝けるモノがある。

 

「落ち着く場所」を見つけて欲しい。