精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

典型的な「うつ思考」があったのでご紹介。

 

★1つの考え方とらわれてしまう自分|新婚ですが、うつ病で休職中です。

 

◾︎解決は凄く簡単

うつ病患者が不安を抱えてるのは「今何もしてないから」。

ただ「これだけ」なんだ。

これに「うつ病から復帰出来るのかな?」とか、「いつまでこの生活を続けなければならないんだろう?」とか「余計な解釈が入る」から、悪化する。

 

◾︎うつ病は「単なるストレスダウン」

その職場に復帰するのは「ダメ絶対」。

だってその職場で潰れたんだから。

じゃあ「新しい職場に…」というのが「強烈に不安」なのが、復帰を難しくしてる。

そりゃそうだ。

だって「普通の転職ですら不安」なんだ。

なのに、休職を余儀なくされるほど追い込まれた状態からスタートしなきゃいけない。

周りからも自分でも「お金はどうするの?」と思うし、「働いてない自分なんて」と思いつつも、「次の職場でやっていけるのだろうか?」と強烈な不安に苛まれる。

 

◾︎復帰の道は「思考にはない」

現実的に「今仕事をしてない」、そして「動けない」。

この2つが「全ての問題の元凶」。

問題は過去にも未来にもない。

では「なぜ動けないのか?」。

「体力がないから」だ。

 

◾︎食事と睡眠と運動

大概のうつ病患者は「これが崩れてる」。

三食ちゃんと日本食を食って、夜はすっきりと寝て、朝起きて運動して「身体が疲れているか?」。

メシを食わなきゃ体力がなくなるし、寝てなければパフォーマンスが落ちる。

仕事してると「頭は疲れる」けど「身体は疲れない」という乖離が起こりやすい。

それらが重なると、徐々に体力と気力を削られて行って「動けなく」なる。

 

そう。

問題は「空想」じゃない。

「現実で起きてる」。

 

◾︎うつ病患者の特効薬は「現実に帰ってくる」事

まず「身体が動かない」という現実に向き合う。

会社での多大なストレス、睡眠不足、栄養不足、運動不足を、全て解消する。

早けりゃ1週間。

遅くても1ヶ月で効果が出る。

運動のオーバーワークと同じ。

休養を取らずに走ってたらぶっ倒れるのは当たり前。

 

んで、元気になったら転職。

え?前の職場?

ダメに決まってんだろ。

なんで倒れたのか?ってそれが原因なんだから。

不規則な生活に持っていかれる「何か」があったり、自分に合わない何かがある可能性が高い。

ここいらで新しい道へ進む。

 

◾︎恐怖とご対面

はい。

「新しい事に対する恐怖」です。

本当にここでいいのかな?

またうつ病にならないかな?

前のように働けるのかな?

…さて、お分りですね。

これは「現実ではない」という事を。

うつ病は「現実」でした。

「身体が動かない」「会社に行けない」。

さて、この恐怖は「どの時間軸か?」。

そう「未来」。

今じゃない。

 

◾︎現実的恐怖を乗り越えろ

あの身体が動かない状態になってしまうのではないか?

「ならない」。

っつか、なったらなったで「また別の対策をすればいい」。

ランサーズでライターやるとか、起業するとか。

「今」どうなのか?を基準に全てを行う。

40歳でプロ野球選手目指す!っつっても無理なんだ。

でも、60歳で東大入るのは「可能」なんだ。

何ができて何ができないのか?

「今」なにが出来るのか?

今動けないなら、動けるようになるしかない。

動けるようになったら、就職するしかない。

そんなこんなで「今できる事」をやる。

 

無駄に思考をいじらずに「今どうなのか?」を常に確認しよう。

 

◾︎まとめ

うつ病患者は、ここではないどこかへ「いっちゃってる」。

違う違う。

「今」なんだ。

動けない「今」を受け入れて前に進む。

薬漬けにされて、思考を弄り回されるけど、「意味ないぞそれ」。

「現実で」動けるようにする。

久しぶりに運動したら「ゼーハーで動けない」としよう。

「それが現実」。

その体力で何をしようってんだ?

気力じゃ体力を凌駕できないぞ。

 

「今の状態」を把握する。

「原点」にこそ解決策がある。

全てはそこから。

 

基礎を見直してみましょう。