メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

セック○は最も有力な言語。

 

知っての通り、男はやれる女にしか興味がない。

同じ様に、女も「抱いてくれる男にしか興味がない」。

 

これに最近ようやく気付いた。

 

◾︎子作り

男女が番う理由は「これしかない」。

女は、健康そうで、有望そうな男の子を身籠もる事。

男は、健康そうな女を身籠らせる事。

これが「噛み合った時に」協力体制が生まれる。

 

◾︎口先だけの口説きの「無駄さ」

いくら愛を謳おうと、恋を強調しようと、なぜか「上手くいかない」というスレ違いの理由がここにある。

男は「魅力的で」「妊娠力のある女」が好き。

身体のラインと女性ホルモンの連動が、即ち妊娠力になる。

「年齢は関係ない」。

実のところ女性も余裕で高齢出産できる(昔の高齢出産(45歳以上)は今の21倍。諸説あるけど、男と同じで健康が連動してると思ってる)んで、あんま関係ない。

不健康な人が箸にも棒にもかからなくなるだけで、やる人はやってる。

健康で魅力的な女(何回も子供を産める素養のある人)は、男は手放さないし守ろうという気持ちが入る。

 

女も同じ。

強くて(社会的強者)、健康な人の子供を産みたい。

強さのシグナルは「頭の良さ」「自信」「女慣れ(場慣れ)」で判定される。

それと別件で「健康」。

イケメンは基本的に「顔が左右対称」。

これは免疫力を示す。

と共に、筋力と敏捷性、すなわち「健康」が問われる。

デブでパワーがある人(相撲取りとか)は「パワー」の面で、女の眼鏡に叶う。

女性でもデブで胸が大きい女がいるけど、あれと同じ。

 

◾︎異性との付き合い方

「セック○」。

これ以外を一切絡めずに、ストレートな文脈で見た方が整理できる。

「その後で」感情をいれても良いし、可愛がってもいいし、好きにしたらいい。

ただ「初手の段階では」これをすべての基準にすると腹落ちする。

 

⚫︎重視する部分

1、外見

意味はもうお分りですな。

「セック○したいと思うかどうか?」

適度に身体が締まってて、そこそこ筋力があって男らしく、清潔感がある男。

土方のアンちゃんが「超人気」なのも納得であろう。

「働く男」は、女にとって、問答無用で魅力的になる。

逆にファッションだけが素晴らしいガリじゃダメ。

一見ウケが良くて女が集まってくるけど、本能的な面でのアピールは皆無。

*ゆうたろう、とか。

手越とか小山が「細マッチョ」で、ヤリチンなのは偶然じゃない。

 

 

2、口説き

最近知ったんだけど、もうね「余計なやり取りはいらない」。

一定値(体脂肪率13%以下、そこそこの筋肉量)を越えると「ヒキが変わる」。

端的に言って「コミュニケーションの文脈が変わる」。

今までは「どういう人か?」→「まあ悪くないか」→「抱かれてもいいか」の流れだった。

が、雰囲気イケメンになると「信用できるなら抱かれてもいい」から始まる。

簡単に言うと「抱かれてもいい前提でコミュニケーションが始まる」。

その流れのまま口説き切る。

チキって手を出さないと終了。

 

◾︎セック○をしない弊害

物凄く相性がいい異性がいるが、「抱けない(性的な魅力を感じない)」という状況があるとする。

例えば、その異性と「喧嘩した」としよう。

その時に、セック○済みの「俺の女」という、いい意味での「身内感」を持って接するか、単なる「親しい友人」として見るか?で「全然違う思考形態になる」。

この時に、セック○済みの自分の女だと「かなり強く主張する」。

何を理解してて、何を理解してなくて、どこに齟齬があるのか?ってのを、キチンと詰めようとする。

なんつーか「守ってあげる対象」というか、その勘違いのままいくとお前が損すんぞって「お世話したくなる感」が強く出る。

俺の女に、その先は損すると分かってる状況に飛び込ませたくないというか。

…が、未セック○の女の場合。

「あ〜それでいんじゃね?」っつって、流したくなる。

そいつと喧嘩しても得も損もないし、火に油を注いでまで手間をかける必要もねーかな、と本気で思う。

不思議なことに。

男仲間だとガチバトルしてでも止めるか戦うんだけど、女相手だと伝わるか分かんねーし、一個一個修正していくのも手間だし、分かんない事の差を埋めるのも面倒だし、「よほどいいと思う女=俺の女」にしか「その手間をかける気がない」。

ここに分岐点が発生する。

 

んで、おそらくだけど「女も同じ」。

ここで「私の事を真剣に想って話してくれてる」って感じれるのは「セック○済みの男から言われた時」だけ。

未セック○の男から言われても「お前に何が分かる」って言うと思う。

それは「身内感がない」から。

どうでもいい…とまでは「お互いに」言わないけど、最後の一手間をかけるかどうか?ってのは、「やったかどうか?」が左右する。

 

だから「この女いいな」って思ったら「やっちゃった方がいい」。

グダグダコミュニケーションせずに、スパッと口説てすぐにやっちゃう。

「その後で」立ち位置を決めればいい。

あなたはより感情が入るし、女もあなたの事を信頼するから、やりやすくなる。

 

男女間は「セック○ありき」。

これをキッチリ記憶しておいて欲しい。

 

◾︎まとめ

気に入った女とはセック○しよう。

むしろ「した方がいい」。

距離感や感情も含めて、やった後にこそ自然な立ち位置になる。

これを誤魔化して「いい友達」でいようとすると破綻する。

「お互いに」。

あなたはその女からムカつく事をされても「流しちゃう」だろうし、女もあなたからの「真の指摘」を受け入れない。

 

好きな女、気に入った女とは「セック○しよう」。

それが自然で、あなたも相手も凄く楽になる。

「異性と友達」ってのは、かなり遠い距離感で凄く不自然。

*番外「距離感」

距離感で言えば「家族(両親&兄弟)→やった女(と親友)→壁→同性の友人→異性の友人→他人」だ。

家族、やった女、親友とは「思い切りケンカ出来る」。

ここが最も違う所。

そのくらい感情を見せれる関係。

しかも「お互いのための想いながら」。

んで、次点で同性の友人。

意見の相違はあれど、近い趣味や趣向がある人全般。

気が合う異性の友人もここに入る。

次いで「異性の友人」。

ほとんど共通点もなく、共感できる話題もないけど、まあ1人でいるよりは退屈しないかな?って感じ。

んで、他人。

話しかけられるまでは知らない人。

筆者の場合、生まれながらの接客業向きの特性があり、距離感が壊れてるので、他人は「同性の友人」から関係がスタートする。

とりあえず「受け入れる」。

んで、そいつが信用出来るか、出来ないか(嘘の頻度やその方向(自分が利するための嘘か、他人を傷付けないための嘘か)、基礎的な価値観など)によって、ランク分けする。

こいつは信用できる!と思えば親友の系統に。

出来ないと思えば、会う頻度を落としていく。

 

その時に男女一緒くたに分けてたんだけど、これを細分化する必要がある。

いい女(親しくなりたい女)は「やる」。

むしろ「いい女こそ」やる。

 

どうでもいい女は、適当に接する。

なぜか「逆にしたがる」けど、正解はシンプル。

親しくなりたいから「やる」。

興味がないなら、友人で止める。

 

大事な女ほど、真っ直ぐ口説いて丁寧に抱きましょう。

その方がお互いに気持ちが入ってwin-winです。

 

逆をやると後悔するんで注意。

好きな女を抱こう。

 

では、たのしんでいきましょう♪