メンタルと健康とモテ

健康は全てに通ず。

フェミニスト気取りは死んだ方がいい。

 

「分かったフリをしてるから」。

エセ味方。

構図は差別と同じ。

 

◾︎相手の気持ちは分からない

まずこれ。

白人や黒人の気持ちは分からないし、LGBTの人の気持ちも分からない。

確かに「想像は出来る」。

…が、実際になった事ないから「細かい違いは分からない」。

日本で超絶モテるとか、細かく晒される日々の目線とか、どんなに想像したって「分からない事がある」んだよ。

 

 ◾︎じゃあどうするか?

「向こうの気持ちを聞く」。

こっち発信じゃ意味がないんだわ。

男性が言う「女性の皆さんがもっと充実した〜」ってのと、女性が言う「男って大変だよね〜」ってのは、「お互いに受け入れられない」。

「は?お前に何が分かるんだよ?」ってなる。

 

女性がどれだけ日々苦労してるかなんてのは(言動、身嗜み、その他)知らないし、男性がどれだけ社会階層のピアプレッシャーに晒されているかも分からないだろう。

男性社会は軍隊と同じ。

そこには横並びなど存在しない。

それの方が効率がいいからってのもあるし、文句あんなら自分でやりゃいいじゃんって理由もある。

幸いにして筆者は「男社会にバッチリ馴染めるタイプ」の「ザ・体育会系」なので苦労してないが、女性的な男性はむちゃくちゃ苦労する。

 

◾︎同じ立場を気取ったって違うものは違う

マツコが「女性」というのが無理があるように、だ。

あれはあくまでも「中立的な立場」から自分の意見を述べている。

男性とも女性とも違うけど、こういう経験があって、その時にこう思ったんだよね〜と。

分かる分かる!は、同じ立場の同じ環境の人しか分からない。

部分的に共感することもあるだろう。

だが「違うからこそ」共感出来た時の気持ち良さがある。

何もかも一緒じゃないし、何もかも分かってあげる必要もない。

 

◾︎フェミニスト気取りの気持ち悪さ

「私は」女の味方です、と言う。

違う。

味方かどうかを判断するのは「女」なんだ。

女性が共感するなら「味方」だし、共感しないなら「敵」。

*大げさな表現をしてます。その中間が普通。

 

なんで「お前が」、女性の味方を気取ってんだ?と。

むろん逆もそう(男性のための恋愛講座とか)だし、完全なる「余計なお世話」。

「支持された」なら良い。

本当にその人のためを想い、その人のための情報を提供し、その人も有益だと認め、気に入られたなら。

…が、自分で名乗るのは「気持ち悪い」。

 

こういうエセ〇〇が世の中には多い。

 

押し売りしてえなら他の所へ行け。

本当にその人のためを思って活動し、有益な情報を出してるなら、むしろ「相手から集まってくる」よ。

 

声高に宣言するだけなら誰でも出来る。

「じゃあどうするのか?」

ここで有益な提案が出来てこそ、相手のためを想っている活動として成り立つ。

 

そのためには、相手が何を望み、何を欲しているのか?

主語は「相手」なんだ。

「相手が」欲しいモノ、望んでいるモノを考え抜く。

私はこう思ったじゃない。

 

気持ち悪いフェミニスト気取りが大量にいるんで、騙されないようにしましょう。