精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

女が言う「キモい人」の定義が分かった。

 

主に2つの軸がある。

見た目での「運動してない人」。

そして「気持ちをハッキリと伝えられない人」。

この2つ。

 

◾︎頭が良くて稼いでるけど、身体的な魅力がない人

ガリ勉やら、オタクってのは「人気がない」。

それは「子供からもそう」だし、大人からもそう。

何故か?

「不健康だから」。

そいつと関わるには問題ないが、密接な関係をもとうとすると状況が変わる。

 

◾︎キモいアスリートはいない

どんな乙女ちっくな趣味があろうと、ハッキリしない性格だろうと、「面白い」で済む。

なんか気持ち悪くない。

内藤大輔なんかはキモかっこいいっつか、リング上の「問答無用感」の凄さ。

躍動する筋肉が持つ雰囲気。

その作り上げた肉体が絶対的な説得力となり、本能を引き出す。

つまり「性格は関係ない」んだ。

 

◾︎マッチョな必要はない

ラソンランナーの様に絞られていてもいい。

箱根マラソンを見たら、カッコいいと思うだろう。

格闘技なんかは「いわずもがな」。

あれほどの細マッチョは、他に存在しない。

*体重別の場合、体脂肪率を減らし、体重を増やさずに筋出力を上げる必要がある。

とにかく「動いている」事。

ないし「動ける」事。

 

筋トレでも良いし、ダッシュでも良いし、マラソンでも良い。

*ウォーキングでも良いが筋肉が増えない。もうちょい強い負荷がかかるモノが良い。

何かしら「動いてる人」ってのは、本能的な魅力を備える。

 

◾︎誤魔化すのは難しい

動かないオタクが、魅力的な美女と付き合うのは難しい。

どんなに金があっても。

成功していても。

何故なら「魅力がない」から。

その魅力は身体であり「動いている事」。

 

要は「見てくれだけ良くしても無駄」。

ファッションとか、化粧とか。

あと、凄く頑張って稼いできてもダメ。

 

ちゃんと動いて、良い身体と精神を維持する。

この「基礎の上に」全ては成り立つ。

 

◾︎そして「気持ちを伝える」

実は「真に重要なのはこっち」。

要は、好きな女に「大好きと言えるかどうか?」。

「気持ちをそのまま伝える」。

やりたいなら「やりたい」と伝え、抱いてて気持ちいいなら「気持ちいいと伝える」。

一緒にいて嬉しいなら「嬉しいと伝える」。

ずっと隣にいて欲しいなら「お前がいて幸せ」と伝える。

穿ったメッセージは「一切必要ない」。

会いたいなら「会いたいと伝える」。

来てくれて嬉しいなら「それを伝える」。

釣り合ってないような気がして不安なら「それを伝える」。

凄く辛くて、一緒にいて欲しいなら「一緒にいて欲しい」と伝える。

話を聞いて欲しいなら「それを伝える」。

思ったまま、感情のままに「伝える」。

これが出来れば「小手先は必要ない」。

「今日めっちゃ辛い事あってさ〜。マジお前に会いたかったわ〜」って言えるなら、万事解決。

「今、お前をめっちゃ抱きたい」っつって笑顔で伝えられればいい。

気持ちを誤魔化さない。

気持ちよくストレートに女にぶつける。

 

身体面と精神面の両方が揃うと完璧。

精神面の方だけでも出来れば効果充分なので、ぜひお試しあれ。

 

◾︎まとめ

運動しておけ。

それだけで、あなたは魅力的になる。

*1日1時間まで。それ以上はむしろ筋肉が減る。

「脳を鍛えるには運動しかない」という素晴らしい本があった。

いかに頭が良くなり、メリットが多いかを記した本。

それにさらに加えよう。

「モテるには運動しかない」

さあ動こう。

 

そして「気持ちを伝える」。

これは「非常に難しい」。

それは分かるが、相手を信用できて全部明かせると「扉が開く」。

信用できる女を見つければいいんで、どっちかっていうと「そっちに注力しよう」。

高学歴女でメンドそうなやつ(はあちゅう系)とか、クラブで遊び倒してる「タフネスな女」は「止めろ」。

ディスコミュニケーションになって、お互いの心が破壊される。

基本的に繊細な女の方が「気持ちいいコミュニケーションができる」。

…まあこの辺は「相性」なんで、自分に会った女を探されたし。

筆者は「繊細」なんで、同じレベルの「繊細な女」の方が合う。

あなたが「派手に自己主張できるタイプ」なら、同じ女が合うだろう。

それも含めて「色々試して欲しい」。

 

とりあえず「運動」と「気持ちを伝える事」。

これで「キモい人」から「爽やかイケメン」へと変身できる。

お試しあれ♪