精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

本気で変わりたい人の行動イノベーションを読んだ。

 

超・有益。

あなたは「本当はどうしたいのだろうか?」

これを問い続けるだけ。

 

◾︎自分がどうしたいか?

いわゆる「やりたい事リスト100」。

自分の欲望を可視化する。

問い続ける。

俺は本当は何がしたい?と。

 

しかしながら、ここまではよくある話だ。

ここからが違った。

 

「どうしたら一歩でも良くなるのか?」

これを「ほんの小さな一歩にして」「実践する」。

 

例えば、旅行に行きたいと思ったらネットで調べるとか、筋肉つけたいと思ったらカッコいい画像を見るとかでいい。

「ほんのちょっとでも進んだ」

これがポイント。

 

◾︎「今」目標に向けて動く

この効用が大きい。

なんせメンタルでハマりがちなのは「過去に原因を求める」事。

昔イジメられてたから〜、親が〜など。

実はこれ「言い訳の一種」なんだわ。

やってみれば分かるけど「いくらでも出てくる」。

 

例えば「親のせい」とする。

しかしながら、親がいつも優しくて、何でも用意してくれて、叱るべき時は叱ってくれて、何も不足ない幼少時代を過ごした人間が「本当にいると思うか?」。

いるわけねーんだわ。

皆んな自分で決めて動いてるのね。

…まあそれで動けるなら人のせいにしてもいいけど、大概は「動かない理由」に使っちゃうんだ。

それは「言い訳の一種」となる。

 

重要なのは「今どうしたいか?」という事。

 

◾︎まとめ

今したい事をするために力を使う。

散々過去を見直したけど、意味があったのは「自分との繋がりを確かめる事」だけ。

「あ〜…あん時はこう考えてたけど、昔の俺から今の俺を見たらどう思うだろうな〜?」ぐらいなもん。

何かを実現する力はなくて、ただこねくり回してるだけだ。

 

必要なのは、本当に欲しいモノに「向かっていく」事。

昨日よりほんの一歩だけ進む。

そのために「本当は何をしたいのか?」と問う。

からの「ちょいと実践」を試す。

それを毎日、朝と寝る前に行う。

 

どうせなら、楽しい事しましょう♪