精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

禁煙して2年経った体験談。


「快調なんてもんじゃない」
1つの悪習慣が全ての引き金になり、1つの良習慣が回復の引き金になる。
貴方の回復の礎となる事を祈る。

◾︎禁煙症状と健康状態。
1、最初1ヶ月
「キツい」
掛け値無しにキツい。
一緒に喫煙する親しい友人がいたら無理かもしれん。
電子タバコの導入必須。
IQOSでも良い。
キツい時はそれでしのぐ。

反面、身体はめっちゃ軽くなる。
何するにもダルいそれが改善。
これをメリットに1ヶ月くらいは耐えられる。

2、3ヶ月
習慣がちょい抜ける。
寝起き、食後、コーヒーとお供、寝る前の一服に耐性が出来る。
問題は「酒」。
対策は「ない」。
IQOSでしのげ。

最もキツいのがここ。
身体の変化は特になく、メリットと喫煙要求とのバランスが取れない。
しかも、この辺りで睡眠障害が起きる。
寝付けなかったり、寝付いてもすぐ起きちゃうやつ。
誘惑に負けると元に戻っちゃうから、ここが耐えどき。

3、半年
習慣化は完全に抜け、酒時でも大丈夫になる。
ヤバイのが「昔吸ってた場所に行く」事。
海で吸ってたとか、山で吸ってたとか、滅多に行かないけど色濃く記憶がある場所。
ふと思い出して「強烈に吸いたくなる」。
ほら、スモーカーって「ロマンを背負ってる」所があったりするじゃん?
それが逆に足枷となる。
耐えろ。

身体は堅調。
メシウマと寝つきの改善が見られ始めて、やる気アップ。
「お試しの一本」さえしなければ、いける。
この「一本吸ってみたい」という誘惑に打ち勝つのが、ここの課題。

4、一年
習慣は消え、稀に吸いたい衝動が起きても「あー、懐かしいな」と達観できる。
睡眠も安定、身体は堅調、そして感覚が戻る。
人と遊んでて楽しいだとか、その辺りの感情も戻る。
お疲れ様でした。

5、2年
完全に過去。
吸ってる人を見ても「無感情」になる。
「あ〜タバコ吸ってんな〜」くらい。
俺も!とか、うざい!とか一切なく客観視出来る。
現在の健康を考えると「二度と戻らない」。
あれは「麻薬と一緒」だ。

◾︎健康への道
1、メシウマ
舌と脳の配線が戻る。
*タバコで生じるドーパミンがなくなり、受容体が元に戻り始める
おかげで、飯を食った感動が戻る。
しかしながら、まだぶっ壊れたままなんで、砂糖や塩や加工食品に「異常な反応を示す」。
これらを食い過ぎると「生活習慣病一直線」。
可能なら、白米に魚、汁物+野菜という「最強の食事」に戻そう。
質素こそ最強。

2、身体の機能改善
何がって?
「全て」
肺機能だけだと思ってるでしょ?
動いては疲れず、思考しては繋がり、外へ出ると楽しい。
タバコで失われていた栄養が行き渡るようになるメリットは計り知れない。
人生の質が変わる。

3、新習慣の習得
新しく「何かもっと良いのないかな〜?」と探し始める意欲が出てくる。
「運動ってめっちゃ身体に良いんだ」とか「食事で身体が変わるのか」とか言う情報を見始める。
んで「やる」。
書いてある通り「スッキリする」。
継続する。
あら不思議。
「健康な貴方の出来上がり」。

◾︎まとめ
タバコは全ての布石となる。
もちろん、喫煙者でも凄く元気で、意欲十分に人生を過ごしている方もいる。
反面、死にそうな顔をして、やっとこさ生きている人もいる。
「昔の俺のように」だ。

貴方がタバコを止める事で、健康になって人生が楽しくなるための一歩となる事を願っている。
止めると分かるぞ。
「あれは異常だった」と。

キッカケになれば幸いです。