精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

努力を学ぶ方法。

 

「追い込まれる事」

簡単だろ?

 

◾︎どうにもならない事態の発生

筆者の場合「パニック障害」。

もうどうして良いか分からんまま10年過ぎ去って、ようやく本格改善に着手。

今90%完治したと言って良い状況になった。

 

◾︎正解がないモノへの向き合い方

愚直に取り組む。

「結果が出ると信じて」

良いとされるモノを全て試す。

もう全部。

目に付いたもの全部試す。

2年もあれば大概の事は出来ると確信した。

 

◾︎否が応でも自分と向き合う

何がしたいのか?

何が得意なのか?

何が基準で動きたいのか?

結果、筆者は人生に「楽しいがなければ死ぬ」と悟った。

 

悲観的に現実を見る人達(橘玲氏とか)は、理論整然とし、結果も出してる。

…が「楽しくない」。

結果も欲しいが「楽しみも欲しい」んだ。

辛さがメインだった3年間(パニック障害を治すまで)を通じて確信した。

結果に爆進してると「結果しか手に入らない」。

ハンターハンターであった「道中に欲しいものがあった」ってのが真理。

道中を振るい落として進むと、結果的に欲しいものがそこになくなってしまう。

 

今度は目の前を「楽しむための努力」を行いたい。

多少は辛いだろうが、まあ楽勝じゃね?

向こう側に「楽しい事がある」のだから。

 

◾︎まとめ

追い込まれると努力を覚える。

そして自分と向き合う。

在宅で色々考えて書いてる職業は「無理だ」。

デスクワークヤバい。

引きこもりは死ぬ。

やっぱコミュ強なやつと騒ぎ回ってるのが「最も楽しい」わ。

 

「楽しい事」をしましょう♪

それは「今すぐにできる」のだから。