精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

記録メモ。リーンゲインズ始めました。

 

ゲロ辛い。

…なにこれ?

「食わなきゃメンタルが安定する」

「食わなきゃ若返る」

「食わなきゃモテる」

っつって自分に言い聞かせて、やっと3日が経った。

1週間達成すれば楽になるらしい(オナ禁がそうだから、おそらく同じはず)から、そこまで頑張る。

 

今の所のメリットとデメリットを書き置く。

 

◾︎その前に

⚫︎現在のスペック

173cm、64kg、体脂肪率9〜11%

*家庭用体重計なんで体脂肪率に幅がある。

見た目は「ガリ寄り」。

腹筋は割れてない。*縦筋が見えるくらい。

⚫︎現在の筋トレ記録

ダンベルベンチ 30kg×30回

デッドリフト 60kg×40回

スクワット 60kg×35回

*リーンゲインズで落ちました。

 

◾︎リーンゲインズとは?

一日24時間のうち、8時間を食事していい時間に充てて、16時間を食わない時間(プチ断食)に充てるという方法。

メインの効果は「筋肉を減らさずに脂肪が減る」。

プチ断食で「オートファジー(自食効果)」が発動。

身体に溜まった必要ない老廃物を消化してくれて、内臓は軽やか、若返り、脂肪を効率的に使ってくれるというスーパー作用。

 

サブの効果は「「食欲のコントロール」と「腸内環境の正常化」」。

筆者は「こっち狙い」。

腸内環境は思いっきりメンタルに関わるんで、多少の犠牲を払っても正常化しておきたい。

 

ちなみに8時間の間は、なん食しても良いし、なに食ってもいいが、「総カロリーだけは気をつける」。

これが維持カロリーを超えると、デブまっしぐら。

 

全ての基本は「摂取カロリー≦消費カロリー」。

 

 

◾︎体調悪化したもの

1、フラつく

空腹でフラつく。

 

2、肌荒れ

軽めのニキビが出来た。

 

3、メンタルの悪化

腹減ったおかけで気力は鋭利になったけど、体力がないという状態に。

慣れるまではホルモンバランスがおかしくなる(食事のリズムも栄養面でも)から、身体が覚えるまではこんなもんだろう。

 

4、腹下し

大量のメシとサプリを2食で摂取しなければならない。

雑に一気食いしたら、俺の内臓が死んだ。

上手く「散らして」摂取する必要がある。

 

以上!

…ぶっちゃけ、「デメリットが多い!」。

ちょっと心折れそうだぜ。

 

◾︎メリット

1、気力は充実

「何かしよう→やろう」の判断が、非常に早くなった。

…が、いかんせん体力がダウンしてる(腹が減って、身体が重い)んで、相殺。

慣れてきたら「心の軽さだけが残る」と信じて頑張る。

 

2、好きに食える

2食で一日の総カロリーだから、かなり食える。

腹一杯食って平気。

…もちろん、食い過ぎると「身体が重くなる」けどね。

いい案配を見つける。

 

3、手間が減る

単純に日常動作が一個減る。

楽。

 

4、痩せた

さらに痩せた。

リーンゲインズを習慣化出来たら、体脂肪率8〜10%は余裕で達成可能。

…人前に出る仕事をしてるわけじゃないんだが、何をしてるんだろうか?

せっかくだから、ナルシストを極める。

 

5、体内環境の把握が容易に

「何を食ったらダメになるのか?」

「どんな時にメンタルが悪化するのか?」

が把握しやすくなった。

 

とりあえず「砂糖、カフェイン、睡眠不足、運動不足」は完全にアウト。真っ黒。ダメ絶対。

「明確に不調になる」。

酒なんて比じゃないくらいヤバい。

 

グレーゾーンが、「マカとアルギニン」。

ほぼ100%腹を下す。

…が、若干のメンタル安定効果と、精子を作成を促す効果は否定できない。

内臓が丈夫な人は推奨。

 

6、腸内環境、爆裂改善

始めて3日だっつーのに、もう適切な色のう◯こに変化。

ビオスリー飲んでポテトスターチ食って2週間経っても何の音沙汰なかったのに、3日のプチ断食でほぼ完全体に。

*腸内環境を整えるには「プロバイオティクス=腸内細菌を外部から摂る」と「プレバイオティクス=体内の腸内細菌を育てる」の2つが必要。

ビオスリー=プロバイオティクス

ポテトスターチ=プレバイオティクス

 

これを1週間やったら、劇的な改善がもたらされるんじゃなかろうか?

 

以上!

 

◾︎見込み

1、ホルモンバランスは戻るはず

若干のメンタル悪化。

前回記事を見ればよく分かる。

メンヘラと化す。

辛えんだよ!

皆んなと遊びてえんだよ!

 

最初1週間は、腹減りに作用するレプチンやらなんやらが暴れまくり。

慣れると落ち着くとされてるんで、そこまで耐えてみる。

 

2、肌荒れも戻る…はず

摂取栄養素の可能性も捨てきれず、なんとも言えない。

腹減りが落ち着いて以降も継続してたら、メシを見直す。

 

3、筋肉だけ上げる

目標は…

ダンベルベンチ 60kg×20回

デッドリフト 60kg×70回

スクワット 60kg70回

くらいになりたい。

*筆者は最大60kgのダンベルを使った自宅トレ。

バスケリングに届くようになったんで、それを維持する。

と同時に、小学生をワンハンド抱っこ(片手30kg上がればOK)出来るようになりたい。

 

ちなみに一般的な細マッチョって「ゴリゴリ」。

GACKTとかシンディー(武田真治)を「細マッチョ」扱いはやめてくれ。

見た目が細く見えるだけで、中身は「ゴリゴリ」だわ。

どっかでジムデビューか〜。

…まあその前に「習慣化が先」だけど。

 

◾︎注意点

「午前中にガチで運動したら死ぬ」。

バスケしたら、途中からボールがコントロール出来なくなった。

その後にメシ食っても1時間は戻らず。

集中力、思考力が減り、終始気分が悪い。

この感じだと、慣れた後でも「運動するならメシを食う」のが必要になりそう。

やってみないと分かんない事は多いね。

 

*半年やって止めたので追記

リーンゲインズは「短期でやりましょう」。

ダイエットを長期でやると「代謝が落ちる」。

っていうと「痩せにくくなるだけ」と思われるが全然違う。

「身体の機能が落ちる」。

要は「カロリーオフで危険だから身体活動レベルを落としましょうね」ってサイン。

これが出る前に止める。

代謝を戻すには、落ちた時と「同じ期間がかかる」。

*3月に止めて、今ようやく戻ってきた。

1週間リーンゲインズやったら、1週間維持カロリーに戻す必要がある。

長期でやるとダメージがデカい。

2〜3日やって、2〜3日休憩してを繰り返すのがオススメ。

カロリー減らしっぱなしは「明確にヤバい」ので、ご注意を。

 

◾︎まとめ

リーンゲインズの効果は「ダイエット」「腸内環境」「筋肉大事に」。

メシ2食を目一杯食って、さらに上の効果が出るなんて「美味しすぎ」じゃない?

習慣化すりゃ一生モノ。

*危険すぎるが。

 

目標体重まで「ゆっくりと」やってみましょう。

無理しちゃダメ絶対。

緩くやりましょうという事で1つ♪