精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

酒もタバコもオナニーも、全部ヤメたぜ。

 酒は週一飲むかどうか、タバコは完全に止めた。

 

オナニーだけは一年半かけて、ようやく2ヶ月達成。

damens.hatenadiary.jp

 

もうこの先はずっとコントロール出来る。

 

*追記

長期オナ禁は「身体に毒」です。

理由は「精子は身体に留まるように出来てない」からです。

長期で留めると免疫系に損害を受けるので、「出したい欲求」が自然と出てきます。

*夢精はその最たるもの。

これを無理して留めると、メンタル的にも損害を受けます。

定期的にセック〇出来る相手がいる、セック〇する予定がある場合のみ、オナ禁推奨です。

 

◾︎どれが最もキツいか?

やはり「オナ禁」。

…だが最初の3ヶ月限定なら「タバコ」がぶっちぎりナンバーワン。

オナ禁は日によって波があって、100を最大値として「30〜100を行ったり来たり」してる。

その日の体調とか、ながら見のAVに即死させられそうになったりとかして、常に変動している。

*エロ禁も一緒にやろう。日数を伸ばすコツはエロに触れない事。特にAVは「女性観がおかしくなる」から断固断つ。

 

タバコの場合は「常時90」。

完っ全に習慣化されてる。

習慣化の度合いで言うと、オナニーなんて比較にならない。

朝イチでタバコを欲し、休憩して缶コーヒーを飲めばタバコが恋しくなり、メシを食えばタバコを思い出し、寝る前にタバコを求める。

 

オナ禁は「自分の意思でエロを見ない」と選べる。

タバコは「強制的に思い出す」。

いつもタバコを吸っている場所や行動で、タバコが欲しくなる。

この習慣化が抜け始める「3ヶ月」は、比類なきキツさ。

電子タバコ系の「代替え品」は必須。

 

両者に比べれば、酒は余裕。

ストレス解消&現実逃避に使っていると難易度激増。

…が、寝酒にちょろっとなら、健康と天秤にかけて即やめられる。

 

さて、皆んなが気になってるのは「オナ禁」だろ?

では以下に記す。

 

◾︎オナ禁を成功させるポイント

1、「長期で取り組む」

オナ猿(1日一回〜三日に一回レベル)から、初禁で1ヶ月達成したら「神クラス」。

お前の精神力は上位1%だ。

つまり「無理」。

⚫︎徐々に階段を上っていく

最初は1週間を目安に行う。

そこでのリセットの気持ち良さを味わえ。

んで「1週間溜めた方がトクをする」と刷り込む。

*ここでAVを断つ事。エロ禁も同時に出来るならここを経由せず先へ。

 

次に「2週間」。

連射でも気持ちいい、何なら5連射くらいイケると知る。

*4回以降は微妙だが。

 

次に「3週間」。

ここから「オナ禁が楽になる」。

だがしかし、前回のリセットの気持ち良さが色濃く残る(5連射)状態なので、ワンミスが起こりうる。

して、記録更新。*6〜7回を試したくなる。

んで「もういいや」となる。

 

⚫︎1ヶ月

ここを達成できれば「永久オナ禁が可能」。

色々やったし、もう安定してるし、気付くと女性が近くにいるし、普段の生活がなんかちょっと温かくなったから、もうこれでいいかと。

 

⚫︎2ヶ月

女性に対する執着が薄れる。

「普段は」ね。

と同時に、突然「スイッチが入る女」が出てくる。

…平たく言おう。「自然にチンコが勃つ女がいる」。

体験すると分かるんだが、可愛い=勃つ「じゃない」事が面白い。

「おっ!美人!やりたい!」と思ったとして、「チンコが反応するか否か?」。

リラックス出来るか、ドキドキするかもどっちでも良くて、ただ「チンコが反応する女がいる」。

女と同じで「遺伝子を見分けるセンサー」みたいなモノが、男にも入ってるのだろう。

「本能の判断は大切に」。

ギン勃ちで「やりたい!」と思った女性には迷わずセックスを打診しよう。

 

あと「興奮の相乗効果」みたいなのが生まれる。

こっちの興奮が伝わって、女性も興奮するみたいな。

 

そして、何するにも「粘りが増す」。

年齢が行ってる人は「若返る」。

ガチやで。思考も行動も感じ方も「感性」が若返る。

 

若い人は「調子がいい状態が続く」。

もしくは「感性が鋭くなる」。

精力はかくも偉大だった。

 

2、精力に良いモノを摂取する

亜鉛とかプロテイン(タンパク質)とか。

精力上がったら、もっとオナりたくなるんじゃん?って、違うんだなこれが。

「テストステロン値が上がるほど、容易にコントロール可能になる」んだわ。

「ストレス耐性=テストステロン」

と言ってもいいレベルで、一定値を越えた段階で耐えてる自覚がなくなる。

*再三言うが「エロ禁」。感性が鋭くなってるから過剰反応で破綻(オナニー)する。その精力はバーチャルで誤魔化さずに「生身の女性に向ける」。

 

テストステロン値アップのために、サプリをフル活用する。

以下にざっと書く。

2-1、亜鉛

まず確実に足りない。

普段から頻繁に牡蠣を食うというレアな貴方は、摂らなくても大丈夫。

亜鉛サプリは「食後」に摂る。

空腹時に摂取すると、吐き気が出る。

「絶対に皆んな一度やる」から、注意されたし。

*筆者も強烈な吐き気を体験済み。絶対に食中〜食後に飲むようになった。

 

2-2、アルギニン+シトルリン

アルギニン単体より効果時間が長く、長期摂取でも耐えうるという組み合わせ。

血管拡張作用があり、体温が上がる。

筋トレ効果アップ。

免疫力アップ。

 

反面デメリットもあり…

2-2-1、持続時間が短く(約12時間)、本当に筋トレに効いてるのか不明。

超回復は24〜72時間の間で行われるため足りない。

2-2-2、腹を下しやすく、腸内被害甚大。

 

確かに効果はあって個人的には好きなサプリなんだが、「効果」と「腹痛」を天秤にかけた結果「止めた」。

腸が強い貴方はぜひ♪

 

2-3、マカ

一応触れる。

精力サプリの筆頭候補だからね。

…結論から言おう。

「腎臓被害甚大」。

ハッキリと「オススメしない」。

そもそも何入ってるか分かんねえし。

 

こういう「成分は分かんねえけど身体にいい」系は全て避ける。

ダイエットサプリとかも同じ。

 

2-4、マルチビタミン

総合的な底上げ。

足りない何かをピンポイントで押さえるのではなく、全体を底上げして補う。

 

2-5、アーモンド

間食の強いお供。

良き脂肪分、精神安定作用のある成分をふんだんに含む食材。

食い過ぎるとデブまっしぐら。

*カロリーは凄く高い。

注意して食べれば、強い味方に。

 

2-6、プロテイン

タンパク質は「脳神経にも作用がある」。

これをキチンと摂取する事により、喜び、悲しみ、安心、刺激など、感性が豊かになる。

無論、身体にもいい。

しかも、タンパク質が足りてると「余計なカロリーを欲しなくなる」。

痩せるとは言わないが、それに近い効果がある。

やるだけ得をする。

 

2-7、注意点

「お腹の反応は全て正しい」

腹を下したモノは摂取を止める。

腸内環境はメンタルと密接な関係があると同時に、栄養吸収を担っている。

ここが破綻(お腹を下す)すると、気分は上がんねえわ、栄養は身体に取り込まれないわで「やり損」に。

 

例えば、プロテイン一個とっても「精製方法によって、体質に合う合わないがある」。

ちょっと高くても「お腹に優しい方を選ぶ」事。

慣れで解決「しない」ぞ。

むしろ「悪化する」から、即やめて他のサプリに移行しましょう。

「合うモノ」を見つけよう。

 

以上!

これらの摂取を並行して行う事により、オナ禁効果のパワーアップと同時に「心身共に爽やかになる」。

結果、貴方を見て、そわそわする女性が現れるだろう。

 その女性にこう言ってあげよう。

「おいで♪一緒にやろう♪」と。

 

◾︎並行してやると良い事

1、筋トレ

体力は資本。

あと単純に筋肉がつきやすくなってるからオススメ。

2、タンパク質を体重の2倍摂取

タンパク質が足りてると「余計な食べ物を欲しなくなる」。

故に、脂質を意図的に抑えられ、炭水化物を調整し、タンパク質を大量に摂る。

身体はドンドン締まり、肌、髪は綺麗になる。

3割増しでカッコ良くなる。

 

仕上がったら、女性に絡みに行こう♪

 

◾︎まとめ

まずは1週間からスタートし、

1週間→リセットの気持ち良さを味わう→習慣化

→2週間目が気になる→連射

→3週間目はどうだろう?→限界連射

→もういいや→1ヶ月

→気力充実を実感→オナニーしなくていいや

→永続オナ禁達成

という順序で進む。

疲労や栄養摂取や「エロ事故」によっては、突発的に持っていかれる事も「ままある」。

…もうしょうがなくね?

そんきゃ「限界チャレンジして」、「もういいや」ってなるまでやる。

区切りがついたら、また進む。

 

ちなみに、医学的な精子完全入れ替わりが「80日」。

「2ヶ月半」だな。

少なくとも「ここまでは効果がある」と見ていい。

 

モテ効果は「気力の充実」によってもたらされる。

 

さて、楽しんで行きましょう♪